M字はげの原因

Hair implant

はげのお悩み対策TOP>M字はげの原因

はげにも種類があります

近年、抜け毛に悩む日本人は、男女問わず広い世代において見られます。ファストフードなどの栄養価に偏りがある食事の普及や、精神的な負荷が高まる傾向にある社会事情、その他、娯楽の増加に伴う睡眠不足などが理由に挙げられます。しかし、一口に薄毛やはげと言っても、その種類はさまざまです。自身の症状に合った対策や改善に臨むことで、より理想的な結果を得やすくなるでしょう。
M字はげは、数ある中でも代表的なものの一つで、白人に表れやすい傾向となっています。日本では、頭頂部からはげが広がるO型はげ、前頭葉における生え際が徐々に後退する形で脱毛する、U型はげに次ぐ存在となっています。特徴としては、これらの中でも特に、男性ホルモンがバランス異常を起こすことで表れやすいタイプとなっており、近年問題視される、AGAと呼ばれる男性型脱毛症の典型例として挙げられるケースが少なくありません。ホルモンの生成は、遺伝による影響を大きく受けるため、親族や母方の家系などに発症者がいる場合、自身もなる可能性が高くなります。しかし、日頃からケアを心掛けておくことにより、抑制に期待を持つことは可能となります。

M字はげが起こる理由とは

症状に至る仕組みとしては、まず過剰に分泌された男性ホルモンのテストステロンが、毛根下部に備わる発毛組織、毛乳頭に刺激を与えます。この際、5-アルファリアクターゼと言う酵素成分が反応し、ジヒドロテストロンと呼ばれる、他の男性ホルモンと結合することで抜け毛を促す成分に変換されます。変換酵素は、主に前頭葉に存在するため、特有のM字型を形成するのです。

M字はげを防ぐには

防止法としては、やはり第一に挙げられるものとして、ホルモンの分泌異常を誘引するストレスを、溜め込まないことへの意識が重要となります。精神的負荷が避けられない職場であっても、休憩時間を活用して適度に休息を挟んだり、また週末や休日などには、趣味や適度なお酒を利用したりし、発散しましょう。その他、ぐっすりと深い眠りにつくことができる寝具製品や、アロマテラピー、マッサージなどのヒーリング、気持ちを和らげる効果に期待が持てる、サプリメントを用いる方法も有効です。
次に、前髪を引っ張るヘアセットを減らす心掛けです。男性の場合、女性とは異なり短い髪型であるケースが一般的であるため、後ろでくくるスタイルなどはあまり見られませんが、オールバックやリーゼントなど、スタイリング剤で固定するだけでも、負荷はかかりやすくなります。極力髪を下ろした状態で過ごすようにしましょう。
そして、男性ホルモンの抑制に役立つ食事にも効果を期待することができます。
豆腐、豆乳、大豆と言った、イソフラボン成分を含む食品は、特に適しているため、進んで摂るようにしましょう。加えて、常用飲料として緑茶を用いると、さらなる分泌低減に期待が持てます。

代表的な改善策

しかし、一度症状が進行してしまうと、こうした予防策のみで改善することは難しいと言えます。また、鏡などを通して見えやすい箇所に生じる抜け毛であることから、頻繁に目にすることでストレスを抱え込みやすいため、またさらに改善からは遠ざかるケースにも繋がりかねません。そのため、医療的な観点から対策をとるのが良いでしょう。
たとえば、主な原因であるテストステロン・ジヒドロテストロン・酵素における働きの直接的な抑制ができる、育毛剤の導入です。専門的な成分が伴うため、市販で購入出来る手軽さのある製品と比較すると割高ではありますが、その分効果は高いです。加えて、飲用薬であるフィナステリドを併用すると、より効率的です。
また、AGA外来をはじめとした、専門的な受診に対応した機関も少なくありません。一人で悩まず、早い段階で対処をしましょう。

M字はげとは?

前から見るとちょうどローマ字のMの文字に見えるM字はげ。これはAGAと呼ばれる男性型脱毛法の典型的な兆候です。剃りこみ部分が薄くなり、毛がなくなっていくとともに、頭頂部も薄くなっていく、という脱毛症。成人男性の3人に1人がAGAだと言われています。
M字はげは年を取ってからなるものと決まっているわけではありません。早いと10代の頃から兆候が出始め、20代になると剃りこみ部分が薄くなってきます。40代になってからはさらに進行し、改善も難しくなってきます。M字はげは進行するのが特徴でもあるのです。

M字はげの原因は男性ホルモン?

AGAになるのは男性ホルモンの影響だと言われています。男性ホルモンであるテストステロンが5α-リダクターゼという還元酵素と結合し、ジヒドロテストステロンという強力な男性ホルモンが発生し、それが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合することで、ヘアサイクルが乱れます。その結果、髪の成長が抑制され、脱毛してしまうのです。
近年では、AGAの人には、男性ホルモンの受容体遺伝子に特徴がある、ということが分かってきました。この遺伝子は母親から受け継がれるもので、母親の祖父がはげていれば、それが遺伝する可能性が高いと言われています。

パソコンやスマホが原因?

M字はげの原因の一つに目の疲れがあると言われています。現代においては、パソコンやスマホを長時間使用している人が多いもの。目を酷使することで目のツボであるM字部分の血行が悪くなるのです。そのため、M字部分の髪の毛の成長に影響し、薄毛や脱毛につながります。
慢性的に目が疲れていると、額への血行が悪くなり、額が凝ってさらに血流が悪くなります。そのままにするとM字部分のはげはますます進行します。

喫煙、飲酒はM字はげを進行させる

タバコは身体に悪いものですが、もちろん頭皮にも悪い影響を与えます。タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる働きがあります。その作用により血行が悪くなり、頭皮に必要な栄養素が運ばれなくなるのです。さらに喫煙は体内のビタミンCを破壊します。活性酸素を取り除くビタミンCは、ストレスに対抗するホルモンの合成をサポートするという働きもあります。タバコを1本吸うと、ビタミンCが25mg失われると言われています。
お酒の飲みすぎもAGAを進行させるのをご存知でしょうか?適度な飲酒はストレス解消になったり、血行をよくしたりしますが、飲みすぎると肝臓に負担がかかり、肝臓の働きが低下することで、髪に必要なタンパク質が作られなくなります。また、アルコールの分解にはビタミンが使用されるため、ビタミンが減少してしまうというデメリットが。アルコールは適度な量でやめておかないと、M字はげを進行させてしまうのです。

血行を悪くする生活習慣

ストレス、睡眠不足、不規則な生活などもM字はげの原因となるのは、よく言われることです。それらは血行不良の原因になるからです。髪の毛を作る毛母細胞は、毛細血管から髪の成長に必要な栄養を摂取します。ところが、血行不良になると、毛細血管から栄養や酸素を摂取できなくなるのです。そのため、髪の成長が滞ることになります。
仕事が忙しいと、ストレスも溜まりますし、睡眠不足にもなるでしょう。睡眠は、細胞を生まれ変わらせるために必要なものです。睡眠が不足していると、髪の成長が促さなくなります。充分な睡眠がとれないと疲れも取れませんから、運動など身体を動かすことも億劫になり、筋肉がかたまり、血行も悪くなります。さらにストレス発散もできません。このような悪循環を繰り返さないためにも、充分な睡眠を取り、適度な運動をして、ストレスを溜めないようにして、血行をよくしましょう。





M字はげの原因について紹介するページです。はげでお悩みの方はまず、当サイトをご覧ください!はげの原因、治療法を分かり易くご紹介いたします。はげ治療の病院だけでなく、いつもの生活を改善するだけできる予防法なども紹介いたします。

△M字はげの原因 PageTopへ