若はげ治療の病院

Baldness treatment of hospital

はげのお悩み対策TOP>若はげ治療の病院

AGAとは

20代や30代でも薄毛などで悩む人が多く、中には10代ですでにその兆候が現れている人もいます。若はげとは、若年性脱毛症という正式名称を持ちますが、AGA(男性型脱毛症)が若くして現れることを意味します。AGAによる若はげ、抜け毛、薄毛の症状は30代から50代の成人男性がなるもの、というイメージがありましたが最近ではもっと若い世代にも若はげに悩んだり薄毛になったりする人が増えています。
若ければ若いほど、はげの悩みは大きくなりますが、一人で思い悩まず、気になったら早めに専門クリニックを訪れるのが良いでしょう。
AGAというのはAndrogenetic Alopeciaの略で、日本語にすると「男性型脱毛症」という意味になります。日本全国でAGAはおよそ1,260万人いるともいわれていて、抜け毛・薄毛に悩む30代から50代男性のほとんどがAGAであると考えられています。最近増えている20代や30代の抜け毛や薄毛も若はげと呼ばれますが、これもまたAGA症状によるものが多いとされます。

若はげの原因について

若はげになる原因にはさまざまなことが考えられます。
・ ストレス・・・過度なストレスは心身に悪影響を与える万病の元ですが、薄毛にも少なからず悪影響を与えます。通常、毛根や頭皮には毛細血管があり、血管に血液が流れることによって毛髪に栄養分が運ばれます。しかし、ストレスが多いと毛細血管が収縮し毛髪に十分な影響が行き渡らなくなります。
・ 食生活の偏り・・・食生活が偏り続けると健康状態は悪化し、男性ホルモンのバランスは崩れ、頭髪の成長の妨害となって抜け毛や薄毛がどんどん進行してしまいます。
・ 睡眠不足・・・睡眠中に育つといわれる髪の毛なので、十分に寝ることは大切です。起きている間、栄養は体や脳の活動のために使われるので毛髪には十分な栄養が回ってきません。
・ 整髪料の使用・・・好んで整髪料を使う男性は多いですが、使うこと自体には問題はありません。問題なのは、整髪料をきれいに洗い流さないことです。頭皮や髪の毛に汚れが残っていると若はげの要因にもなります。

その他、喫煙や飲酒、運動不足、不規則な生活なども挙げられます。治療を始める前に、若はげの原因について自分で自分を振り返ってみるとよいでしょう。

早めに正しい治療とカウンセリングを

AGAを放置している人も少なくないかもしれません。AGAは治療ができるものです。それも、早めに治療をすることがより高い効果を生みます。若い方ならなおさら気になる若はげ。さよならするために、治療を受けましょう。自分でさまざまな情報を集めてケアを行うことも可能ではありますが、副作用などの心配がないわけではありませんし、何よりも効果が思うようでないことが多いです。クリニックなどでカウンセリングをまず受ければ、脱毛症の種類を確実に見極めてくれますし、それに見合った治療法を提案してくれるでしょう。

若はげ治療のさまざまなアプローチ

AGAが原因である若はげの場合、市販の育毛剤などの効果はあまり期待ができません。薄毛の治療に対しては以下の4つのアプローチが考えられます。
1. 頭皮の皮脂や毛穴の汚れを除去する
2. 頭皮の血行を促進する
3. 生活習慣(食事、睡眠、ストレス、喫煙、洗髪方法など)を改善する
4. DHTやそれに関わる酵素などが発生するのを抑制する

セルフケアでの治療を始める前に、若はげ、薄毛の原因を調査する必要があります。遺伝子検査もそのひとつです。頭皮の血流不足、皮脂の過剰分泌や遺伝など、さまざまな原因が考えられます。遺伝であればいくら頭皮の血行を促進したり、頭皮を清潔にしたりしても毛髪は生えてきません。
これまで、頭皮に直接塗るタイプの育毛および発毛剤が主流だったのですが、近年では飲み薬タイプのものが登場しており注目されています。また、飲み薬と塗り薬の併用が効果的であるとの説もあります。薄毛の症状が出てきたら、信頼できる若はげ病院・クリニックで治療を受けるのがベストでしょう。





若はげ治療の病院について紹介するページです。はげでお悩みの方はまず、当サイトをご覧ください!はげの原因、治療法を分かり易くご紹介いたします。はげ治療の病院だけでなく、いつもの生活を改善するだけできる予防法なども紹介いたします。

△若はげ治療の病院 PageTopへ