頭皮にかさぶたができた

Scalp scab

はげのお悩み対策TOP>頭皮にかさぶたができた

頭皮のかさぶたは抜け毛のサイン

いつの間にかフケが大量に発生していたり、なんだか頭にかさぶたができているようだと感じたりしている方はいらっしゃいませんか。多くの場合、これらの症状と共にやってくるのが猛烈な頭皮の痒みです。耐えきれずに頭をぼりぼりと掻いてみると毛髪も一緒にばらばらと抜け落ちてしまい、爪にはなんだか気色の悪いアカのような物がねっとりとついているというケースもあるようです。これらの症状は、脂漏性皮膚炎と呼ばれる病気ですのであまり刺激を与えないようにして、できるだけ早く皮膚科で診察を受けることをお勧めします。

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)とは

人間の体には数多くの常在菌がいます。これらの菌は何も刺激を与えなければ問題を起こしませんが、環境が変わると猛威を振うことになりますので注意しなければなりません。勿論常在菌は人の頭皮にもおりますが、これも他部位の常在菌と同様で刺激さえしなければ何も問題をおこしません。
頭皮にはマラセチア菌がおり、実はこの菌が脂漏性皮膚炎の原因であると言われています。この菌の特徴は、フケや皮脂などの菌のエサとなるものが近くに残されていると、それを食べてどんどんと繁殖してしまうという点です。繁殖してしまうと肌がその異常を察知し、炎症を起こしてしまい、痒みが発生してしまうのです。痒みに耐えきれずに手で引っ掻いてしまうと、そこがかさぶたとなってしまい、かさぶたがマラセチア菌の新たなエサとなってしまいますので悪循環が起きてしまいます。そのため、頭皮にかさぶたができていたり吹き出物ができたりしていた場合には無理をして自力で治そうとはせず、皮膚科で診察を受けて適切な処置をすることをお勧めします。
脂漏性皮膚炎になっているということは、既に頭皮に異常が出ているということですので、抜け毛にも繋がっていると言えるでしょう。皮脂が大量に出るのは日常生活の乱れが原因ですので、脂漏性皮膚炎という症状を根本的に治療するためには、処方された薬を使用するだけでなく、生活リズムを正さなければなりません。
この病気は頭皮に痒みが出るだけでなく、嫌な匂いも発生させてしまいますので、できるだけ早く治療することをお勧めします。

日常生活と皮脂の関係

皮脂は皮膚を守るために分泌される脂のことを言いますが、これは多すぎても悪影響が出ますし、少なすぎても肌が守れないため、適度に洗い流さなければなりません。洗浄力の強いシャンプーを使ったり、皮膚を強く擦り過ぎてしまったりすることで必要最低限の皮脂をも洗い流してしまうため、注意が必要です。頭を洗う際には指の腹を使って頭皮を優しくマッサージするように心がけると良いでしょう。
皮脂の発生は誰にも起こる生理現象ですが、ではなぜ過剰量の皮脂が分泌されてしまうのでしょうか。それは食生活に関係しています。ビタミンB2とB6は脂質の代謝を促進させる物質ですが、これを著しく多く摂取していると、皮膚から出される脂、つまり皮脂も多く分泌されてしまいます。代表的な食べ物として肉類がこれらの栄養素を多く含んでおります。したがって、肉中心の食生活を送ってしまっていると皮脂が過剰分泌されてしまうのです。また、この他にもストレスや寝不足は皮脂を過剰分泌させてしまう原因ですので、しっかりと睡眠時間を確保し、あまりストレスを溜め込みすぎないことが重要です。しかし、ここで間違えてはいけないのは、肉さえ食べなければ良いというわけではない、ということです。肉に含まれるビタミンB2やB6も健康には必要不可欠ですので、肉と野菜をバランス良く食べていくことが重要なのです。
頭に痒みがある場合には、これらの点を踏まえた上で治療しなければなりません。頭の洗い方や食生活などは、治療の基本ですのでしっかりと把握しておきましょう。





頭皮のかさぶたについて紹介するページです。はげでお悩みの方はまず、当サイトをご覧ください!はげの原因、治療法を分かり易くご紹介いたします。はげ治療の病院だけでなく、いつもの生活を改善するだけできる予防法なども紹介いたします。

△頭皮にかさぶたができた PageTopへ