頭頂部の薄毛が気になる

Anxious thinning hair

はげのお悩み対策TOP>頭頂部の薄毛が気になる

頭頂部は薄毛になりやすい?

頭頂部の薄毛や抜け毛に悩む男性は多いです。頭頂部は薄毛になると目立つ場所でもあるので余計悩みは大きくなります。頭頂部が薄毛になることは多いですが、側頭部や後頭部はあまり薄毛にはならないようです。これにはやはり理由があります。

頭頂部の抜け毛・薄毛の原因は5αリダクターゼⅡ型 頭頂部の薄毛や抜け毛の原因を知るためには、まず薄毛のメカニズムを知る必要があります。男性が悩む薄毛の原因のほとんどは男性型脱毛症であるAGAです。AGAは男性ホルモン『テストステロン』が皮脂腺や毛乳頭にある5αリアクターゼという酵素によって、よりパワーがある『ジヒドロテストステロン』(DHT)に変化することによって起こります。テストステロンには毛髪を太くする働きがありますがDHTはテストステロンよりも約30倍も強力であるといわれています。これが毛母の働きを弱めてしまいます。
ここで、ひとつの疑問がわきます。男性ならば誰でも持っているテストステロンなのに、薄毛になる人とならない人がいるのはどうしてでしょうか。
それは、5αリダクターゼの活性が高い人とそうでない人がいることと、男性ホルモンへの感受性が強い人と弱い人がいるためです。

頭頂部と前頭部は薄毛になりやすい

ジヒデロテストステロン(DHT)を生成して毛根を弱めるのが5αリダクターゼです。前頭部と頭頂部には5αリダクターゼⅠ、Ⅱの両方が存在しますが、側頭部と後頭部には5αリダクターゼⅠしか存在しません。つまり、AGAでは前頭部から頭頂部が薄毛になるということになります。なぜ、このように2つの領域に分けられるのかは現在はっきりとはわかっていません。

5αリダクターゼには2種類ある

髪に2種類の異なる領域があるのは男女や人種を問わず人類共通です。5αリダクターゼはテストステロンをジヒドロテストステロンへと変えて薄毛の原因となる5αリダクターゼを作り出しますが、これには2種類あることが明らかになっています。
Ⅰ型は頭髪、ひげ、腋毛、陰毛など発毛部分にまんべんなく存在しますがⅡ形は前頭部から頭頂部に集中して存在します。つまり側頭部と後頭部にはⅠ型のみがあり、前頭部と頭頂部にはⅠ型とⅡ型が存在するのです。
Ⅰ型が全く発毛に悪影響を与えないというわけではありませんが、最近の研究ではⅡ型が特に悪さをすることで毛根を弱め、薄毛の原因となっていると考えられています。
このような理由から、AGAの場合に前頭部や頭頂部だけが薄毛になって、側頭部や後頭部の髪が薄くなるケースがないということです。

2種類の領域ができる理由とは

こうしてみると、なぜ髪には2種類の領域があるのか疑問に思うことでしょう。すべての領域でⅠ型のみが存在すればこんなに悩むこともなかったかもしれません。この答えは、実はまだはっきりとわかっていません。
一説によれば、人間が母体内で細胞分裂を繰り返しながら成長していく過程で、異なる領域の細胞同士が頭頂部・前頭部、そして側頭部・後頭部としてくっついて一つの頭部を形作っていくからだということです。
AGAの人の頭皮は一見全く髪の毛がないように見えても、顕微鏡でみると毛穴から細い産毛が生えていることがわかります。
髪の毛は休止期-成長期-後退期というサイクルを繰り返します。正常なサイクルであれば髪は成長して太毛になりますがAGAの場合、十分に成長する前に後退期になってしまうので結果的に産毛ばかりになってしまいます。したがって、いわゆる「はげ」とは毛が抜けてなくなっている状態ではなく、太くなるべき毛が細く短くなり目に見えないほどになっている状態のことを指すのです。





頭頂部の薄毛について紹介するページです。はげでお悩みの方はまず、当サイトをご覧ください!はげの原因、治療法を分かり易くご紹介いたします。はげ治療の病院だけでなく、いつもの生活を改善するだけできる予防法なども紹介いたします。

△頭頂部の薄毛が気になる PageTopへ