60代以上のはげ「老人性脱毛症」

Hair thinning

はげのお悩み対策TOP>60代以上のはげ「老人性脱毛症」

老人性脱毛症とは

広い世代において発症が懸念される抜け毛や薄毛の症状は、タイプによって呼び名が異なります。中でも老人性脱毛症は、老化によって細胞や体内機能が衰えることで見られる症状であるため、よほど良好な状態でない限り、60代前後以降に数多くの人が経験するものとなります。特徴としては、ストレスや不摂生によって広い層に生じる可能性がある、AGAのように生え際の後退や部分的なはげとは異なり、全体的に毛量が減る面が挙げられます。類似する症状としては、女性に多く見られるびまん性脱毛症があります。
またもう一点、老人性脱毛症ならではのポイントがあります。髪の衰えと共に、メラニン色素の生成が正常に行われないことでできやすくなる、白髪の増加です。これ自体は病気などと異なり、老化現象の一つであるためそこまで懸念する必要性はありませんが、扱い方によってはげをより早く進行させる要因ともなるため、安易に抜いて処理すると言った行為は避けるべきと言えます。
老人性脱毛症は、老化と言う自然の摂理に沿って徐々に見られる症状です。しかし、老年に至る以前からポイントを抑えてケアを続けておけば、脱毛の進行を遅らせることや、さらには寿命を全うするまで、地毛を保つことにも期待を持つことができます。ポイントを理解し、はげ対策に臨んで下さい。

老人性脱毛症の予防・対策とは

もちろん、年を重ねることに対する予防法は存在しません。生きている以上、時間の経過とうまく付き合っていかなければならないでしょう。しかし、髪を維持させることができる方法はあります。
まず一つに、毛乳頭機能の活性化です。老人性脱毛症では、毛根が活動を休止することで抜け落ちるケースと、完全に停止してしまうために抜ける場合の2パターンが存在します。後者においては、髪を作るために必要な細胞が完全に失われた状態であるため、以降ケアに臨んだとしても、基本的には改善が期待できません。しかし、発毛を司る毛乳頭細胞さえ生きていれば、毛髪の復活に望みを持ち続けることができます。そのため、老年期に入る60代以前から、マッサージや育毛剤などを用いて、活性化に努めておきましょう。老化にも負けない丈夫な毛根組織を作っておくことで、はげの防止に繋げることができます。
次に、喫煙頻度の抑制です。もちろん、まったく吸わない状態がベストですが、嗜好品の一つとしてタバコを楽しむ人は少なくありません。無理をして完全に絶つことは、ストレスに感じてしまうケースもあるため、極力減らすと言った心掛けで臨みましょう。喫煙による影響の一つである、頭皮における毛細血管の収縮が抑えられる形となるため、老人性脱毛症の防止、または改善に期待が持てます。
そして次に、60代のはげ対策ならではと言えるのが、白髪の処理です。30代や40代を向かえた際、それまで無かった白髪が徐々に目立ち始め、つい力任せに抜いてしまうと言ったケースが少なくありません。強引に引き抜く行為は、毛乳頭細胞を、破壊してしまうことになってしまいます。それにより組織が死んでしまうと、以降生えて来なくなってしまうため、はげ範囲の広がりに影響するのです。もちろん、60代をむかえている人でもそう言ったクセのある場合は注意が必要です。

老化を素直に受け止める

少しでも老人性脱毛症の影響を抑えようと考えるのであれば、あらゆる面の老化を素直に受け止め、無理をしないことが大切です。体が衰えているにも関わらず、健康に悪い喫煙、飲酒、高カロリー高脂質な食事などを好んだり、白髪の増加に危機を感じ、無理に引き抜いたりといった行為は避けましょう。髪が白くなることもまた、メラニンの産出鈍化と言う老化現象の一つです。年を重ねることとしっかり向き合って、相応の生活、注意に努めて、豊かさのある髪を目指して下さい。





60代以上のはげ「老人性脱毛症」について紹介するページです。はげでお悩みの方はまず、当サイトをご覧ください!はげの原因、治療法を分かり易くご紹介いたします。はげ治療の病院だけでなく、いつもの生活を改善するだけできる予防法なども紹介いたします。

△60代以上のはげ「老人性脱毛症」 PageTopへ