20代・30代のハゲ「若年性脱毛症」

Hair thinning

はげのお悩み対策TOP>20代・30代のハゲ「若年性脱毛症」

年代問わず広がる薄毛症状

ストレス社会とも呼ばれる昨今、さまざまなシーンで、精神的な負荷が感じられます。溜め込んでしまうと、重大な病気にも繋がる危険性が生じてしまうため、注意が必要です。例えば、少しの早歩きや、段差を越えると言った些細な運動でも不快なめまいを引き起こす「メニエル病」や、頭の片側が痛み、深刻な場合では吐き気・嘔吐をも引き起こす「片頭痛」、また、下痢・便秘・ガス過多などが慢性的に表れやすくなる「過敏性腸症候群」などです。いずれも命に関わるほどのものではありませんが、仕事に集中できなくなったり、人との会話を疎かにしたりしてしまう要因ともなるため、生活における支障にも繋がってしまいます。
また、中枢神経の不全を引き起こし、ホルモンバランスに乱れを生じさせる原因ともなります。これにより、通常では歳をある程度重ねてから現れる症状が、若い年代であるにも関わらず発症すると言ったケースも起こりやすくなります。その一つが、若年性脱毛症と呼ばれる、20代・30代の男女における、薄毛の悩みです。一般的には、加齢と共に、自然と量が減ることではげた見た目となってしまいますが、若い世代の場合は体が健康的であっても、主にストレスが引き金となって抜け毛増加に至ります。見た目にこだわりたい若者にとって、薄毛は深刻な悩みとなりやすい存在です。それに伴ってまたさらなるストレスが生じ、改善が難しい、悪化のスパイラルにも陥りかねません。

ストレスが若年性脱毛症に繋がる訳

20代・30代における脱毛の原因としては、ホルモンバランスの乱れによって、成長ホルモン・テストステロンがジヒドロテストステロンに変化するためであると言われていますが、明確な理由についてはまだ解明されていません。しかし、ストレスが要因となっていることに変わりはないので、溜め込まないよう、注意しておく必要性があります。また精神面における負荷の他、食生活の乱れ・睡眠不足なども、ホルモン異常に繋がります。いずれも現代の若者特有とも言える部分であるため、若者世代に大きく薄毛傾向が広がりを見せているのです。

20・30代における若年性脱毛症の対策

やはり欠かせない点は、生活の見直しであると言えます。
・1日3食のバランスが取れた食事
・ゴールデンタイムと呼ばれる22時から2時における質の高い睡眠
・頭髪環境の改善に適したビタミンCやB1、ミネラルなどの栄養摂取
・頭皮の血行を促進するマッサージを心掛ける
と言った、日頃から取り組むことができる部分です。毎日が多忙で、なかなかこうした取り組みを実践できない場合には、サプリメントなどの手軽なサポート製品で補うと効果的です。

20代・30代のはげを改善するには

しかし、既に若年性脱毛症によるはげが進行しているのであれば、速やかな対処が求められます。代表的な方法としては、ミノキシジル・フィナステリドと言った育毛に効果が期待できる成分を含んだ育毛剤の活用や、頭皮環境の向上に適したスカルプシャンプーの利用などです。まず前者の有用成分についてですが、これらは髪の発毛工場に当たる、毛乳頭や毛皮に働きかけ、毛の生成作用を促します。加えて、血行促進マッサージを行うと、さらに効果的です。また後者のシャンプーにおいては、皮膚の乾燥や毛穴の詰まりを効果的に取り除く働きを活かし、健やかな髪を育てます。ストレスや高カロリー・高脂質な食事は、余分な皮脂やフケを発生させて、毛穴を詰まらせることが考えられます。発毛環境自体が若く健康的であっても、こうした状況を放置してしまうと、雑菌の繁殖などによって毛の生成が阻害されてしまうのです。
生活面や頭皮ケアに、若いうちから注意を心掛け、はげ症状の抑制・改善に努めましょう。





20代・30代のハゲ「若年性脱毛症」について紹介するページです。はげでお悩みの方はまず、当サイトをご覧ください!はげの原因、治療法を分かり易くご紹介いたします。はげ治療の病院だけでなく、いつもの生活を改善するだけできる予防法なども紹介いたします。

△20代・30代のハゲ「若年性脱毛症」 PageTopへ