髪に捧げるはげにいい食べ物

Food

はげのお悩み対策TOP>髪に捧げるはげにいい食べ物

頭皮にたくさんの栄養を

頭皮は髪を育てる土壌として、栄養分をたくさん与えたいものです。とはいえ、はげ予防で頭皮に何かを塗布するなどしても、それには限界があります。やはり、体の内側から栄養を与える方法として食べ物で栄養補給をすることが大切です。
頭皮には毛乳頭、毛母細胞があり、それらが毛根(毛球)に栄養や刺激を与えて髪を伸ばすために細胞分裂を促します。細胞分裂のためには、新しい細胞を作るための原料となる栄養分と新陳代謝の働きを助けるパワーとなる栄養分が必要となります。どちらの栄養も血管を通して血液によって運ばれます。つまり、髪に良い栄養分を取り込み、それを頭皮まで効率よく運ぶためには、髪の成分となるものを食べるだけでなく、血液の流れをよくするものを食べることも大切となります。

血行改善のための食べ物

髪の発育が悪くなるきっかけとして、ストレスや成人病、食生活の悪化による血行不良も大きく関わっています。髪に良いものをせっかく食べたのに、それが頭皮まで届かないのでは意味がありません。まずは頭皮の血行を良くして、栄養分を運びやすい環境を整えることが必要です。
血行を促進する食べ物の中には、唐辛子のカプサイシンのように刺激物とされており、毛根に悪い刺激を与えるものもありますので、特に何かを集中して食べるというより、バランスよく食べることを中心に考えていったほうが良いこともあります。血行と髪とどちらにとっても良い状態に保ちましょう。
まず血行不良を改善するためには、体を温める食べ物が効果的です。しょうがや山芋、レンコンなどの根菜類や小豆など豆類などは体を温めて、しかも植物性なので、コレステロールも心配ありません。コレステロールは血管に溜まり、血行を阻害します。血管が狭くなって血液の通り道を邪魔するのです。これを予防改善するためには、ビタミンEが豊富な青魚、ナッツ類、芋類などが効果的です。油の多い肉料理やスナック菓子は避けましょう。これは、頭皮に皮脂を溜めないためにも必要なことです。

髪の成分となる食べ物

血行が改善されて、頭皮に栄養分が行き渡るようになったら、髪の成分となる食べ物を意識して取りましょう。こちらもバランスのとれた食事をすることが基本ですが、積極的に発毛、はげ予防をするのであれば、多少髪に良い食べ物を強化した方が効率的です。
髪の成分の多くを組織しているタンパク質は、まず第一に必要なものです。良質のタンパク質を取るために、高タンパク低カロリーの食材を選びましょう。動物性タンパク質も植物性タンパク質もバランス良く取ります。動物性タンパク質は、同時に脂分をたくさん摂取しすぎないように種類や部位を考えます。鶏胸肉や豚ヒレ肉などはカロリー控えめです。野菜を中心にして、カロリーの低い肉類を取り入れることで、頭皮の皮脂も減らすことができ、コレステロールも減らせます。また、日本人の主食とされるコメは、アミノ酸に変わりタンパク質の元になる上に、亜鉛も含んでいます。髪を作る成分と抜け毛を予防する成分が一緒になった髪のための食べ物です。

髪に捧げるおいしい生活

髪の毛に良いもの、血行に良いものという風に考えるまでもなく、なんでもバランスよく食べるのが一番髪にも体にも良い食生活です。何かに特化して集中的に食べるのではなく、たくさんの種類の食材を使って食卓を彩りましょう。食事は人の生きる糧ではありますが、楽しみの一つでもあります。おいしく食べる楽しい食事は、ストレスを解消して、食欲増進、胃腸の働きも活発にします。髪のため、体のためと意識はしながらも、過度に管理をするのではなく、楽しいと感じられることも大切にして食べ物を選ぶようにすることも必要です。





髪に捧げるはげにいい食べ物について紹介するページです。はげでお悩みの方はまず、当サイトをご覧ください!はげの原因、治療法を分かり易くご紹介いたします。はげ治療の病院だけでなく、いつもの生活を改善するだけできる予防法なども紹介いたします。

△髪に捧げるはげにいい食べ物 PageTopへ


薄毛のお悩み相談所