【文化】伝統芸能はげ踊りを調べてみた

Culture

はげのお悩み対策TOP>【文化】伝統芸能はげ踊りを調べてみた

はげでも楽しくネタにする

「はげ」は一見すると触れてはいけないタブーの様なものですが、テレビなどの業界では「おいしいもの」として扱われることがあります。特にお笑い芸人などは、持ち前のはげをネタにしている方もいます。実際の所、自虐的なはげネタは、観客の心を掴み、笑いに変える力があるのです。そういった伝統的なはげネタは昔から行われてきました。
はげというのは、心にもダメージがありますし、頭皮にもダメージがあります。しかし、それを嘆くのではなく、持ちネタとすることで、笑いにすることもできるのです。これはあくまで芸能人などの世間一般に知られている人にしかできる芸当ではないですが、一般の方でも、そこまで思い悩むことはありません。あくまでも髪の毛が人より少し薄いだけ。
つまり、特に気に病むことはないのです。はげているからと言って自信を失っている人は、「伝統芸能はげ踊り」を見て、笑いの力に変えましょう。

伝統芸能はげ踊りとは

そもそも「伝統芸能はげ踊り」とは何かというと、あるお笑い芸人が開発したネタです。昔から髪の毛が薄く、仲間の芸人からは「はげ」と罵られてきた芸人です。しかし、彼がたどりついたのは、その髪の毛の薄さをネタにした踊り。それこそが「伝統芸能はげ踊り」なのです。
とくに特別なものではなく、誰もが出来るものですが、芸人の一つの芸として行っているものなので、特に文化的なものでもありません。ただ、日本の各地域で、それらのはげを逆手に取った文化も広がっています。もちろんそれぞれの文化として根付いている訳でもなく、ただ頭の薄毛をネタにするものなので、日本ではあまり知られていません。

伝統芸能はげ踊りのやり方

では、ここで伝統芸能はげ踊りのやり方について気になるという方も多いと思うので、そちらについて説明します。基本スタイルとしては、頭の上で掌を広げ「パー」の状態でおきます。
そしてもう片方の手は、ぶらぶらとさせておきます。そのまま全力で踊るというのが、この芸の見どころです。音楽に合わせたり、観客の「はげ踊り、はげ踊り、伝統芸能はげ踊り」というあの手に合わせたりするのが一般的です。
この芸を行う時は、ある程度の広さが必要なので、間違っても周りのものにぶつかったりしないようにしましょう。特にはげを自虐的に笑いに変える方法なので、テンションを上げ過ぎると怪我をしてしまう可能性もあります。

伝統芸能はげ踊りに向いている人

この踊りには向いている人と向いていない人がいます。基本的には髪の毛が生えていない方が好ましく、薄毛の方などもできます。実際に髪の毛が無くなってしまったという方が編み出した伝統芸能なので、その人のキャラに合っていないと踊りは綺麗に舞えません。まずはベースとして、はげておくことが必要です。
体型に関しては、それぞれによって異なりますが、基本スタイルとしてはメタボな体型の方が良いです。メタボの体型となると、体重は100kg前後、それでいてお腹はポッコリと出ている必要があります。少なくとも大きな身体で太っていることが好ましいので、踊りたいという方は体型にも気を付ける必要があります。

注意点

伝統芸能ハゲ踊りは、一個人が作り出した芸です。あくまでもはげをネタにしてできることなので、精神的ショックが大きいという方は避けた方が良いです。また、日本の各地には、それぞれハゲをネタにした伝統的な文化もあるかもしれないので、「気になる」という方は探してみてはいかがでしょうか。はげは決してマイナスイメージではありません。うまく使うことによって、笑いを生み出すことが出来るということを、頭の隅に入れておきましょう。





【文化】伝統芸能はげ踊りを調べてみたについて紹介するページです。はげでお悩みの方はまず、当サイトをご覧ください!はげの原因、治療法を分かり易くご紹介いたします。はげ治療の病院だけでなく、いつもの生活を改善するだけできる予防法なども紹介いたします。

△【文化】伝統芸能はげ踊りを調べてみた PageTopへ


薄毛のお悩み相談所