効果はあるのか?!はげに亜鉛がいい噂

Zinc

はげのお悩み対策TOP>効果はあるのか?!はげに亜鉛がいい噂

はげに効く成分、亜鉛

亜鉛は、髪を作る栄養素として知られています。髪を構成している成分というのは、多くがタンパク質ですが、そのタンパク質を髪の毛にするためには、必要なのです。いくら良質なタンパク質をたくさん摂取しても、亜鉛がなければ髪の毛にはならず、はげや薄毛の予防にはなりません。髪の他にも爪や骨、肌などの生成にも役立ちます。
髪や爪などは、タンパク質が細胞分裂を繰り返し、新陳代謝を行うことで成長していきます。タンパク質はアミノ酸となって体内に吸収されて各部位に運ばれていきます。それがケラチンタンパク質という形に再構成され吸収された結果、髪の毛になります。この再構成の過程に亜鉛がなくてはならないのです。また脱毛の原因となる成分の抑制も行うという、まさに髪の毛の救世主のようなものなのです。

亜鉛不足の現代人

亜鉛は、髪を構成する役割の他の機能も果たしています。そのため、他で使ってしまうと髪の毛が作りにくい環境となってしまいます。
亜鉛は、ストレスや疲れによっても大量に消費されます。現代社会においてストレスと社会人は切り離せない状況となっており、忙しい毎日が疲労を呼びます。反対に亜鉛が不足すると激しい疲労や気力の減退をもたらすことにもなります。また、男性の精子を作る役割も持っており、男性機能の維持向上にも大きな関わりがあります。
そんな亜鉛ですが、さまざまな使われ方をするだけでなく、食べ物で摂取しにくく、さらに吸収もされにくいという難点があります。現代社会に生きる私たちに必要となる栄養素であるにも関わらず、現代社会の食生活が取りにくくしているのです。亜鉛が含まれている食物には、牡蠣や牛もも肉、豚レバーなどがあります。これら食品で毎日必要な量を摂取するのは、大変です。そしてこれらの食品を食べるだけでは吸収率がよくありません。また食品添加物や保存料によって体外に排出されやすくなります。食物繊維も亜鉛を包み込んで、排出させる働きがあります。反対に吸収率を高めるのは、ビタミンやクエン酸、動物性タンパク質です。タンパク質を一緒に取ることは、亜鉛の働きの目的から見ても適しています。また、牡蠣にレモン汁のような自然に選んだ食べ合わせによって良い食べ方をしている場合もあります。一緒に食べる食品によって吸収率が高まったり、弱まったりするので、食べ合わせに注意して効果的に摂取することが必要なのです。

サプリメントで効果的に

亜鉛の含まれる食べ物は苦手な人も多くいますし、毎日食べやすいものも少ないので、食べ物での摂取に行き詰まったらサプリメントも大いに活用しましょう。サプリメントは栄養分が凝縮していたり、吸収しやすい構造に工夫してあったりと効果的な摂取が見込まれます。サプリメントの利用上の注意は、良いサプリメントを選ぶことと取りすぎないことです。
良いサプリメントを選ぶ際には、吸収率を高める作用のあることを確認しなくてはいけません。ビタミンやクエン酸でコーティングしたキレート効果は吸収率を高めてくれます。また、一緒に飲むサプリメントで調整するのも効果的です。また、サプリメントを取るタイミングも考えましょう。食後1時間以内に摂取し、空腹時は避けます。空腹時に飲むと、胃の痛みや吐き気を催すことがあります。一日の摂取量は少しずつ分けて飲んで、成分の摂取に体を慣れさせることも必要です。もちろん、一日の摂取量は必ず守りましょう。吐き気などの副作用はもちろんのこと、体の他の働きに作用して健康を害する恐れもあります。サプリメントは薬ではありませんが、自然な食品からの摂取とは違うので、注意して取ることが大切です。また、食品からたくさん取れたと感じる日には、サプリメントを減らすなどの調節を行うと良いでしょう。





効果はあるのか?!はげに亜鉛がいい噂について紹介するページです。はげでお悩みの方はまず、当サイトをご覧ください!はげの原因、治療法を分かり易くご紹介いたします。はげ治療の病院だけでなく、いつもの生活を改善するだけできる予防法なども紹介いたします。

△効果はあるのか?!はげに亜鉛がいい噂 PageTopへ


薄毛のお悩み相談所