危険なサイン!はげる前兆とは

Dangerous sign

はげのお悩み対策TOP>危険なサイン!はげる前兆とは

「なんとなく気になる」は気のせいではない

男女限らず、毎朝鏡を見ずに身支度を調えられる器用な人はあまりいません。特にヘアスタイルに関しては、鏡を前に整えることが多く、どんなずぼらな人でも出かける前に、一度は鏡を覗くでしょう。そんな時にふと気が付く「あれ、薄くなったかな」は、いつも気にして見ている自分だからこそ気が付いてあげられるはげる前兆かも知れません。もちろん、毎日見ているからこそ、多少の変化には気が付きにくいこともあります。髪の毛の量の増減なんて、季節によっても多少はあるものです。しかし気がついたということは、たとえ「なんとなく」であっても決して見逃してはいけません。恐らく周囲の人々は、まだこの程度の変化では気がつかないでしょう。周囲から気づかれるようになる前に、自分が気づいた時点で注意深くケアを始めるのです。

はげる前兆を知る

髪の毛が減ってきたと感じるタイミングはいくつかあります。まず初めに、朝のスタイリングの時です。朝は忙しくてヘアスタイルはおざなりという人は、今日から鏡に向き合って丁寧に行いましょう。社会人のマナーとしての身支度の意味もありますが、自分の小さな変化を見つけることではげの前兆だけでなく、体調不良を見つけることもできるはずです。
髪が減ってくるとスタイリングが決まりにくくなります。まとまりが悪くなったり、いつもの量のスタイリング剤で髪が立ち上がりにくくなったりします。また、分け目を作るのが簡単で髪がすぐにぺたっと分かれたりします。髪の量が減るとともにコシも弱くなっているサインです。また、スタイリングの持ちも悪くなります。例えば今まで100本の毛が集まって支えていたところを50本に減ってしまったら、支えが弱くなるのは当然です。これも髪が減ったサインです。また、スタイリング剤などで頭皮が起こす炎症などは、抜け毛の原因となります。炎症のサインは、かゆみやフケなどです。バリア機能が炎症によって弱くなり、これらの症状があらわれます。
抜け落ちた毛を見てわかる前兆もあります。一般に抜ける毛の量を気にする人が多く見られますが、問題は抜けた毛の状態にあります。人の髪の毛は根元が白く丸くなっています。この丸い部分は毛包(毛球)と呼ばれる場所で、頭皮から栄養分をもらって髪を育てる部分です。この部分がない抜け毛は正しく栄養分を貰えず成長がうまくいかなかった可能性があります。健康な正しい状態の毛は、根元がふっくらと丸く、毛の先へ行くに従って細くなっています。根元も細かったり丸い部分がない抜け毛が多かったりする場合には危険信号かもしれません。

前兆のサインを見つけたら

髪の量が以前より減っているなどのサインを見つけたら、その原因となるものを探しましょう。また、季節の変わり目やちょっとした体調の変化によっても、髪の増減は訪れます。これが一過性の減少なのか、回復するのかの見極めのために、その後の経過も注意深く観察します。自然に改善の見込みがない場合には、生活習慣やシャンプーの仕方などの問題点を探ります。仕事の疲れや睡眠不足、ストレスなど自分の生活の中で思い当たることがある場合には、それを改善することが必要です。まだ、あくまで前兆ですが、今後ますます減り続けたら本格的な治療が必要となり、周囲からも気づかれやすくなります。その前に自分の中にある改善へのヒントを探しましょう。

危険なサインと見極めのポイント

はげる前兆などというと恐ろしげで、不安になりそうですが、これは毎日の習慣的な健康チェックとして気楽に行いましょう。危険なサインを見逃すのは、予防や治療の遅れを招きますが、あまりに心配して気を使いすぎるとストレスになります。頭皮の血行はストレスでも影響を受けますので、それは避けたいものです。
はげるサインの見極めは、こうした日常的な自分への興味と関心があってこそ成り立ちます。特に不安がないうちから、常に自分の体を大切に考えて、よく観察することが大切です。





危険なサイン!はげる前兆とはについて紹介するページです。はげでお悩みの方はまず、当サイトをご覧ください!はげの原因、治療法を分かり易くご紹介いたします。はげ治療の病院だけでなく、いつもの生活を改善するだけできる予防法なども紹介いたします。

△危険なサイン!はげる前兆とは PageTopへ


薄毛のお悩み相談所