女性でもはげはある?!

Bald woman

はげのお悩み対策TOP>女性でもはげはある?!

女性を襲うはげの恐怖

女性にとって髪は自分の外見の印象に大きく影響を与える大切なものです。髪は女の命などと言ったのは、だいぶ古い話ではありますが、現代でも女性の美しい髪というのは、美の象徴となりがちです。また、男性とは違って、多少のボリュームダウンはあれど、あまりはげる心配はないという見方が強くありました。しかし、近年、薄毛の不安を訴える女性が増えてきています。女性の社会進出や環境の悪化などいろいろな原因はありますが、髪がたくさん抜け、薄くなってきたことが目に見えてはっきりするのは、恐ろしいことです。もう、はげは男性の悩み、という時代ではないのです。

頭皮の健康と髪の生育

頭皮が健康でないと髪は育ちません。髪を手入れするためにさまざまなヘアケア商品がありますが、育毛、発毛という立場から考えると効果がないだけでなく、頭皮に負担をかける結果になることもあります。女性は髪を伸ばしていることも多く、ショートヘアであっても男性の頭髪よりは長いことが一般的です。そのため、長い髪を美しく見せるために毎日のケアにとても気を使います。
シャンプーやコンディショナー、トリートメント類は、髪のツヤなどのためにコーティング剤が入っていることがあります。天然のオイルなどでツヤ出し効果を狙っている商品もありますが、これら全てが頭皮環境を悪くしている可能性があります。コーティング剤として使われているシリコンは有名な成分ですが、これは頭皮に残ると毛穴を詰まらせる原因になります。
頭皮は髪を育てるために栄養分を運ぶ血管が通っており、毛穴では髪を作り出す組織が働いています。薄毛を予防するためには、もうすでに伸びている髪そのものではなく、血管や毛穴を大切にしなくてはいけません。毛穴のつまりの原因となりそうなケア商品や髪につけるスタイリング剤を避け、頭皮の血行を良くして栄養を行き渡らせるためにマッサージをするように洗髪することが大切です。シャンプーなどを毛穴に残さないように十分にすすいで、いつも清潔に保つ必要もあります。

男性のはげの違い

男性と女性では髪の減り方や減る部位が違っています。男性に見られる薄毛は、おでこの広がりや頭頂部の抜け毛から始まることが多くなります。女性の髪の薄くなる場所は、髪の分け目やつむじといった部分です。また全体的にボリュームがなくなって行くというケースもあります。
男性の薄毛の原因には、遺伝の他に男性ホルモンの影響によるAGA、ストレスや食生活などがあります。女性も男性的な生活や行動のために男性ホルモンが増えて、AGAと同じような原因での薄毛も起こるようになりました。また、びまん性と言われる女性ホルモンの乱れによるものもあります。男性の薄毛が20代前後からすでに現れるのに対して、女性の薄毛は女性ホルモンが減る更年期くらいから始まります。そのため、加齢のためと諦めて、治療もせずに放置してしまう人もいます。

正しい治療でイキイキ毛髪

更年期による薄毛は、確かに加齢によって女性ホルモンが減ったためではありますが、これを改善する手立てもあります。加齢のためだからといって諦めては勿体無いのです。これを乗り越えてまた再び、イキイキと生活を楽しむこともできます。
病院での治療という手段もありますが、まずは自分でできることから始めていましょう。食事は髪や頭皮に影響を与えやすいところであり、私たちが自分で工夫しやすいものでもあります。髪を育てる栄養分をたくさん取ることも必要ですが、減ってしまった女性ホルモンを補うことを特に意識します。ホルモン自体は食事から取れませんが、同じ性質を持つ成分があります。それが大豆などに入っているイソフラボンです。
また、ホルモンバランスはストレスや生活習慣の乱れによる体調の変化で乱れやすくなります。早寝早起きや軽い運動など当たり前のことではありながらも、おろそかにしていたであろう良い習慣を取り戻して、自分が気持ちよく過ごせるような生活を送らなくてはいけません。





女性でもはげはある?!について紹介するページです。はげでお悩みの方はまず、当サイトをご覧ください!はげの原因、治療法を分かり易くご紹介いたします。はげ治療の病院だけでなく、いつもの生活を改善するだけできる予防法なども紹介いたします。

△女性でもはげはある?! PageTopへ


薄毛のお悩み相談所