【悩み】高校生なのに禿げてきた…

Trouble

はげのお悩み対策TOP>【悩み】高校生なのに禿げてきた…

高校生でも禿げるの?

髪の毛が何年で次生え変わるのか知っていますか?通常は、3年から6年で生え変わると言われていますが、これが髪の毛の寿命です。抜け落ちて生え変わり、最大6年間成長し続けます。1日には80本から100本程度髪が抜けます。それだけ毎日生え変わっているのですから、数本くらい余分に抜けても全く問題ありません。ですが、1日120本以上抜けてしまうと毎日積み重なれば将来「禿げ」と呼ばれます。これがハゲの始まりです。
当然ながら、幼いころからこの生え代わりを繰り返しているのですから、何歳から禿げるといった決まりはありません。10代から髪が薄い子もいれば、老化とともにはげてくるかたもいます。これは遺伝によってある程度決まっています。両親が髪の毛1本1本が薄い人であれば、その子供は髪質が薄いですし、片親がストレートヘアなら子供はストレートヘアになりやすいと言われています。思春期になり男性ホルモンが活発になってくると、やはり抜け毛も多くなります。これが高校生からの抜け毛のはじまりです。

高校生なのに禿げているとからかわれたら・・・

高校生でも男性ホルモンにより禿げているという方も多く、成長する過程で仕方のないことです。でも、高校生の禿げは改善できます。髪の毛が抜けるのを遅らせて、育毛を促進すれば良いのです。あくまで20代30代の対策方法と同じです。高校生の禿げの原因の多くが男性ホルモンですから、ホルモンバランスを整える生活を心がけるだけで改善が期待できます。
もし今、抜け毛に悩みを抱えているのなら今すぐに皮膚科や美容外科など専門病院へ行ってください。抜け毛の悩みは子供が思っているより、また大人が思っているよりも深刻です。数年間は治療を続けなければいけません。その間、精神的な負担がのしかかり更に抜け毛を進行させてしまう原因にもなり得ます。今すぐ皮膚科へ行って、まずは専門家に相談し治療を始めましょう。そうすることで安心して治療に専念できますし、自宅ケアも正しい知識を持って取り組むことが出来ます。

自宅で改善する方法

高校生の場合、髪を染める、髪型でアレンジする、というのが難しいですね。だからこそ一刻も早く治したいところ。10代といえばまだまだ成長過程ですから健康的な生活を心がけてください。テスト前だからと徹夜をして勉強している場合ではありません。毎日健康的な生活をし、お風呂では頭髪に良いケアを心がけます。
高校生はまだまだよく食べてよく動く年頃です。運動した後は頭皮が不衛生な状態。汗をかいた後はしっかりとタオルで拭きましょう。できればシャワーを浴びることをおすすめします。また、簡単な育毛対策でも長期間続けていれば効果が現れます。最低でもこれ以上悪化しないよう現状維持を目標として、育毛対策を続けてください。

皮膚科で改善する方法

皮膚科へ行くと、塗り薬、または飲み薬が処方されます。1つ言えることは万人に効果が出る薬はないということ。原因は人それぞれですから、あなたに合った治療薬が必要です。処方された薬はすべてどんな薬かを調べましょう。
また、塗りぐすりを処方された場合は自宅での育毛剤は購入する必要がありません。自宅で育毛剤を使っている場合も、皮膚科で併用して良いか確認しましょう。
抜け毛治療薬の代表的な飲み薬はプロペシアです。プロペシアは、10代にも処方している病院もあります。この薬は即効性が高く、効果が出やすいと言われていますがそういった薬を飲むだけでははっきり言うと物足りません。効果をしっかり得たい方は、生活習慣を改善し抜け毛対策となるような生活を、徹底的にこだわってください。高校生ならまだ両親が食事を用意してくれていると思います。両親にも相談をして、抜け毛に良い食材などを取り入れてもらいましょう。





【悩み】高校生なのに禿げてきた…について紹介するページです。はげでお悩みの方はまず、当サイトをご覧ください!はげの原因、治療法を分かり易くご紹介いたします。はげ治療の病院だけでなく、いつもの生活を改善するだけできる予防法なども紹介いたします。

△【悩み】高校生なのに禿げてきた… PageTopへ


薄毛のお悩み相談所