前髪からはげる人の特長とは

Feature

はげのお悩み対策TOP>前髪からはげる人の特長とは

前髪のはげは自覚しにくいことも

前髪からはげるケースは男性によく見られる症状です。はげている方の中で一番多いのが前髪の後退です。朝、顔を洗う時などに顔を見るので、初期段階で気づくことが可能です。ただし、前髪は徐々に後退するので症状が現れた1日目や2日目程度では、分かりにくい場合もあります。そのため、ある程度症状が進行してから気づくこともあります。

前髪がはげる原因

前髪がはげる理由として、いくつかの原因が挙げられます。やはり、最大の原因とされるのがストレスです。ストレスは万病の元とも言え、はげに関しても例外ではありません。人間はストレスを感じると、身体機能が低下し、血管を収縮させてしまうのです。血管が収縮すると、正常時に比べて血流が悪くなり、毛髪に必要な栄養分がとどきにくくなるのです。また、身体機能が低下した時にまず毛髪の機能が低下します。つまり、毛髪の働きが上手く行われず、栄養分も少なくなるため毛髪の成長がストップし、衰退してしまうのです。実際に、AGA患者のほとんどが過度なストレスをかかえていると報告も上がっています。ストレスは睡眠障害を引き起こす原因でもあります。睡眠は毛髪の成長に欠かせないので、不足すると、毛髪の成長効率が悪くなってしまうのです。そのため、ストレスをかかえないことが重要になるのですが、現代においてストレスをかかえないようにするのは不可能に近いと言えます。では、どうすればいいのか、溜まってしまったストレスをきちんと発散することが鍵になります。リラックスできる音楽を聴いたり、趣味に時間を使ったりすることも大切です。

睡眠不足は毛髪の大敵

続いて挙げられる原因が過度な睡眠不足です。睡眠は人間が生きる上で欠かせない行為です。人生の3分の1は睡眠をしているといわれるほど重要な行為です。睡眠をとることで溜まった疲れやストレスを治癒して、翌朝も正常に活動することができます。睡眠が不足すると、疲れが取れず、翌朝起きると身体がだるいなんて経験をした事がある方も多いでしょう。このだるさは身体機能低下の一種といえます。正常時ほど動くことができず、仕事でミスを犯してしまえば、それがストレスとなり、さらに疲れるという負の連鎖に陥ってしまうのです。また、集中力が著しく低下してしまうのも睡眠不足の影響です。また、睡眠と毛髪には深い関わりがあります。毛髪は22〜翌2時にもっとも成長すると言われています。この時間帯に睡眠を取っているかどうかで毛髪の成長が極端に異なるのです。つまり、22時までに睡眠を取ることが重要です。仕事の都合上、それまでに睡眠を取れない場合は最低でも22時〜2時までの間には睡眠をとるようにするといいでしょう。

シャンプーは適切に

また、激しいシャンプーも原因です。はげる原因として毛穴に皮脂が詰まることが挙げられます。そのため、ゴシゴシと激しいシャンプーをして皮脂を取り除こうとするでしょう。しかし、激しく洗髪すると頭皮を傷めてしまうのです。皮脂には頭皮の保湿という重要な役割があり、完全に除去してしまうと、頭皮が乾燥してダメージを受けてしまうのです。シャンプーをする際は、適切なシャンプーを使い、適切な方法で洗髪してください。また、昔からブラシで頭皮に刺激を与えるという方法がありますが、これはかえって頭皮にダメージを与えることになります。ドライヤーを近距離でかけたりするのも逆効果ですので避けるようにしましょう。
上記に挙げた以外にも原因があります。飲酒や喫煙です。これらはリラックス効果があるので、毛髪にいいのではと思うかもしれません。しかし、喫煙は血管を収縮するのでやめる事をお勧めします。飲酒に関しては気持ちいいと感じる程度であればいいですが、過度な飲酒は身体に害を及ぼすため控えるべきです。また、はげが多くなった原因として食の欧米化が原因であることも考慮すべきです。脂質や糖質の多い食事ばかりだと、栄養が取れないどころかコレステロール値や血糖値などが上昇します。これらが結果的にはげに繋がっていることも事実なのです。





前髪からはげる人の特長とはについて紹介するページです。はげでお悩みの方はまず、当サイトをご覧ください!はげの原因、治療法を分かり易くご紹介いたします。はげ治療の病院だけでなく、いつもの生活を改善するだけできる予防法なども紹介いたします。

△前髪からはげる人の特長とは PageTopへ


薄毛のお悩み相談所