若はげ向け!女子が認める髪型

hair style

はげのお悩み対策TOP>若はげ向け!女子が認める髪型

若はげは長期治療が一般的!

若はげは中々治りにくいと有名な脱毛症です。若い頃から脱毛が進行してしまうと、中々治りにくく長期間の治療が必要となります。若はげは10代でも発症することがあります。高校生で悩んでいる子も多く、特に女子高生となると治療を続けている間、どうしようもありませんね。
脱毛症の治療は、育毛剤や発毛剤を使ったケアから洗髪方法を見直す、食生活を改善するなど様々な方法があります。こういった治療を行うことは簡単ですが、治療をしている間はいったいどうすれば良いのでしょうか。

治療している間はどうすれば良い?

治療している間は、髪型でカバーするほかありません。女性の場合、つむじ当たりや生え際、分け目などから脱毛症が広がっていくことが多く、長い髪の毛で隠すことができないてっぺんなど、髪型で隠す以外の方法がありません。
女性の場合、長い髪の毛で分け目をかえて隠す方法が一般的ですが、髪の毛が短い方はできませんしわけめを変えようとしても中々くせがついてくれないのではっきり言って不自然です。
学校へ行っている女子高生の場合、学校の校則で長い髪の毛は結ばなければいけません。結んでしまうと髪の毛を引っ張ることになるので、薄毛にそんな刺激を与えたくないと考える方も多いでしょう。どういった髪型が良いのか、それぞれのケースに当てはめながらご紹介します。

女性必見!若はげが隠せる髪型とは!?

まず、分け目が禿げているという方は分け目を変えましょう。ボリュームのあるほうの髪を片側に寄せて、耳にかけます。そして二つ括りをするとだいぶはげが隠せます。一つくくりをすると、分け目が元に戻ってしまう可能性があるのでやめましょう。
生え際が薄くなってきたという方は、耳にかける、後ろで結ぶのはNGです。生え際の髪をひっぱってしまうことになりますし、耳にかけると余計に目立ちます。前髪を多く取り分けできるだけ短めにカットしましょう。サイドのボリュームを減らして、生え際を隠すような髪型にすると目立ちません。
つむじあたりが禿げてきたという方は、短い髪だとどうすることもできません。勝手につむじが分け目を作ってしまうので、長い髪型でカバーします。耳にかけるほど長い髪であれば、つむじに流されることなく分け目を作れます。前髪を少なく取り、後ろに髪を流して一つくくりをするとあまり目立ちません。
全体的に薄毛が目立っている方は、長い髪だと薄いことが目立ってしまいます。かといって髪のボリュームを落としてしまうとより薄くなるので、ボリュームを持たせたまま短く切りましょう。ボブくらいの髪型が理想です。また、前髪はワンレンにして分けておくと前の薄毛が目立たないのでおすすめです。

絶対にやってはいけない髪型

すごく短い髪型では脱毛が目立ってしまいます。また、薄毛が目立たないようにと髪を染めてしまうと、髪の毛や頭皮にダメージを与えることになるので脱毛症も改善できません。治療期間が長くなるだけなので、染める、パーマを当てるのはおすすめできません。人の髪の毛は毎日80本以上抜け替わっていますから、この際に一気に短くして治療に専念するのも良いかもしれませんね。長い髪の毛は重たく、どうしても抜けやすくなってしまいますから。そこで、ショートボブや耳にかけられる程度のショートをおすすめします。
こういった髪型でカバーするのも大切ですが、出来るだけ早く治すことを忘れず、治療に専念して下さい。10代20代は夜更かしをしがちですが、22時には就寝してはげが進行しないようにしてください。髪の毛1本1本を太く、強い髪にできるよう食生活を意識しましょう。
お風呂上がりに髪が濡れた状態のままで寝てしまうと、寝ている間に脱毛を進行させてしまうことに。お風呂上がりにはしっかりブローして乾かし、乾いてから就寝しましょう。





若はげ向け!女子が認める髪型について紹介するページです。はげでお悩みの方はまず、当サイトをご覧ください!はげの原因、治療法を分かり易くご紹介いたします。はげ治療の病院だけでなく、いつもの生活を改善するだけできる予防法なども紹介いたします。

△若はげ向け!女子が認める髪型 PageTopへ


薄毛のお悩み相談所