若はげの治療法とは

Treatment

はげのお悩み対策TOP>若はげの治療法とは

若はげとは?

はげといえば、何歳の人を連想しますか?きっと皆さんがイメージされるのは50代60代くらいの方でしょうね。はげは、病気や怪我などをのぞき髪の毛がはえてこない状態のことを表しています。もし20代30代ではげていたら、「何か病気か怪我にでもあったのか」と考えるのが当たり前です。はげた状態になると、髪の毛が成長しきる前に成長が止まってしまって、細くて弱い髪の毛が増え頭皮が透けて見えるほど薄毛となってしまいます。見た目からはげているとわかる状態になるので、不快な念しか感じることができません。
若はげとは、その名の通り「若いときに禿げてしまうこと」です。通常は頭皮の毛穴から通常2本から5本ほど生えているはずの毛が、だんだんと少なくなり1つの穴につき1本しか生えない状態を男性型脱毛症と言います。これが、10代から発症して進行してしまう状態のことを、「若年性脱毛症」と言います。これこそ若はげの正体です。

若はげの原因とは

若はげは気付いた時にはもう進行していたなんてケースが多く、原因を突き止めてからでは治療が手遅れだなんてこともあります。そこで、簡単に原因を探ってみましょう。一般的には男性ホルモンの影響によるものだと言われています。男性ホルモンから分泌されている成分が頭皮に渡り、付着することで薄毛や抜け毛が増えるというものです。遺伝だとも言われていますね。遺伝というのは、元から男性ホルモンが多い家系だとやはりホルモンの影響と言う説に関係しているケースも。
ストレスはホルモンバランスを崩す原因ですので、ストレスも脱毛症と密接に関係しています。円形脱毛症はストレスが原因ですから、精神的負担を無くすことで脱毛症が改善できるかもしれません。また、食生活は体に不調をきたす原因の1つ。栄養バランスが乱れ、偏った食生活を続けていればなんらかの病気になりうる可能性が高くなります。そこで、若はげの原因も、野菜不足や偏食などが挙げられます。

治療するには通院が必要?

皮膚科や美容外科へ行くと、プロペシアという薬を処方されます。プロペシアは飲む育毛剤で、男性ホルモンを抑制し、育毛を行うものです。皮膚科や美容外科では独自の発毛治療を行っているところが多く、処方される薬も様々ですし原因の合わせたケアを行っています。
若はげの治療はこういった専門機関で行うと、やはり改善期間も早いですし自宅ケアだけじゃできないこともしてくれます。でも、はげは病気でも命に係わるものでもありません。病院へ行くと、保険が適用されず10割負担となってしまいます。実費で薬を購入しなければいけませんし、その費用は決して安いものではありません。月々1万円以上の出費が必要となるので、通院せずに治療したいという方は自宅ケア方法を調べておきましょう。

自宅で改善できる方法はあるのか

まずは睡眠を規則正しく。髪の毛は基本、夜に成長しますから睡眠時に血流がしっかりと流れることで、髪の成長を促します。夜更かしや睡眠不足を続けていると髪の成長の妨げとなります。出来るだけ早く寝て、朝はしっかり起きましょう。喫煙や飲酒は脱毛の原因でもあります。辞めるべきだとは言いませんが、過度なたばことアルコールは避けたほうが良いでしょう。当たり前ですがストレスは溜めないように。
カラーや脱色、パーマなどを繰り返していると頭皮や髪に相当なダメージを加えていることになります。染料が頭皮につかないように注意して行いましょう。髪を洗う際は、洗いすぎないように。また、自分の頭皮に合ったシャンプーを選び、頭皮を傷めないように優しく丁寧に洗いましょう。
若はげの治療はまず自宅で丁寧なケアから始めること。これが基本です。ただ市販の育毛剤を使えば良い、というものではありません。脱毛への知識を深め、しっかりと理解して治療に専念しましょう。





若はげの治療法とはについて紹介するページです。はげでお悩みの方はまず、当サイトをご覧ください!はげの原因、治療法を分かり易くご紹介いたします。はげ治療の病院だけでなく、いつもの生活を改善するだけできる予防法なども紹介いたします。

△若はげの治療法とは PageTopへ


薄毛のお悩み相談所