気になる「若はげ」は何歳から始まる?

Young bald anxious

はげのお悩み対策TOP>気になる「若はげ」は何歳から始まる?

若はげで悩む現代人が増えている

現代人は多くのストレスを抱えています。ビジネスでもプライベートでも様々な精神的負担を抱え、発散することができない。そんな現状の中で病気を発症する方も少なくはありません。
重大な病気を発症したら、その治療に専念し周囲も理解し見守ってくれるでしょう。では、人が理解しがたい病気を発症したらどうでしょうか?たとえば偏頭痛。「偏頭痛だから」といっても多くの方が偏頭痛を抱える中で「ただの頭痛程度で何を言っているんだ」と理解してくれない人間もいます。命に係わるような重大な病気ではない、メニエル病や自律神経失調症、ホルモン異常などもそうです。周囲が理解しにくい病気を発症したとき、仕事や生活には支障をきたしても中々周りは協力してくれないという場面に出くわすかもしれません。
年齢と問わずに潜む病気は数多く、「はげ」も年齢を問わない病気の一つです。「若はげ」も同様に、若いにも関わらず発症するはげは、命に別状はないものの周囲は理解しがたい病気です。「若年性脱毛症」と呼ばれていますが、加齢とともにはげるのではなくストレスや生活習慣によって、若いのに急にはげてしまうという症状です。発症と同時に更に精神的苦痛を伴いますし、体は健康なのに改善が難しい。現代人が抱えるこのような悩みは、とても深刻な問題です。

女性も注意が必要!

若はげは女性も対象外ではありません。老化と共に、男性女性問わず髪が薄くなっていきます。基本は女性のほうが薄毛になる時期が遅いものの、若年性脱毛症は年齢、性別を問わず発症します。
若年性脱毛症の主な原因はホルモンバランスの乱れやストレスも何らかの影響を与えているといって過言ではないでしょう。
「ストレスを溜めるな!」と言われても、溜めこんでしまうものは仕方がない。それ以外の対処として、食生活や睡眠習慣を改善し、規則正しい生活習慣を送ることが先決です。でも女性なのに若年性脱毛症に悩みたくはありませんね。ストレスは溜め込まないに、越したことはありません。

若はげは結局何歳から始まるはげのことを言うのか

若はげの始まる年齢についても明確に定義されているわけではありません。多くの場合は、20代、30代から発症する脱毛症を、若はげと言います。
どうして20代で発症しやすいのか?それは、社会人となる前から多くのストレスを抱える若者が多くなったからです。就職難と言われる現代で、就活に挫折しそのストレスが引き金となり発症するケースも多く、社会人となってから世の中に慣れず、発症してしまうというケースもあります。
精神面における負担は計り知れません。同じ負担でも、人によって感じ方はことなりますから、ストレスに負けやすい方は若はげを発症しやすいという理論になってしまいます。そんな、「負けやすい若者」が増えているのも現状です。
高校生で若年性脱毛症を発症したというケースもあります。正確にいえば18歳から20歳の間で悩む方も多く、早急な対処が求められています。

年齢問わず多くなった薄毛の悩みの解決策は

ホルモンバランスが整っている10代で脱毛症を発症するケースは非常に少なく、若い世代のはげの原因はストレスだけとは言い切れません。そこで、日々の生活習慣の向上もそうですが髪や頭皮のケアも重要となってきます。
すでに若はげに悩んでいる方は、育毛に効果があるという成分を含んだ、育毛剤を使ったケアが一般的です。毛乳頭や毛皮に働きかけて髪の生成を促すケアを心がけると良いでしょう。若いうちから気を付けて、これ以上進行しないように若はげ対策を始めましょう。





気になる「若はげ」は何歳から始まる?について紹介するページです。はげでお悩みの方はまず、当サイトをご覧ください!はげの原因、治療法を分かり易くご紹介いたします。はげ治療の病院だけでなく、いつもの生活を改善するだけできる予防法なども紹介いたします。

△気になる「若はげ」は何歳から始まる? PageTopへ


薄毛のお悩み相談所