よく聞くはげない方法の効果はあるのか?

Effect

はげのお悩み対策TOP>よく聞くはげない方法の効果はあるのか?

ワカメを食べるとはげに効果がある?

ワカメやコンブを食べるとはげない、というのは非常によく聞くことです。実際にワカメがたくさん入ったお味噌汁や海藻サラダを良く食べている、という人も多いでしょう。ワカメやコンブを食べることははげない方法として効果があるのでしょうか?
結論から言うと、ワカメやコンブを食べていてもはげます。ワカメやコンブに髪の毛を増やすという直接的な効果はないと言われています。それなら、なぜそのようなことが言われるようになったのでしょうか?
それにはさまざまな理由が考えられますが、一つはワカメやコンブなどの海藻類には身体の代謝を促すヨウ素が豊富に含まれています。ヨウ素は精神をリラックスさせ、心身ともに健康にするという効果があると言われています。さらにミネラルや食物繊維が豊富なので、血液をキレイにしてくれて血行をよくする、という効果もあると言われています。
そういったさまざまな効果によって、身体や頭皮へのいい影響があるということから、ワカメやコンブなどの海藻類ははげに効く、と言われていると考えられます。

栄養バランスを考えることが大切

しかし、髪の主成分はタンパク質です。ワカメやコンブにはタンパク質を構成するアミノ酸が少ししか含まれていません。そのため医学的にはワカメがはげに効くというのは根拠のない迷信だということ。ワカメやコンブがはげに効くと言われているのは、さまざまな健康効果があるということと、単に見た目の印象からかもしれませんね。
ただし、新陳代謝を促したり、成長ホルモンの分泌を活性化させたりする働きがあるので、栄養バランスを考えたうえで摂取することで、髪や頭皮にいい影響を与えるものには違いないでしょう。

頭を叩くとはげが改善される?

はげない方法として頭を叩くといい、と言われることもあります。ブラシで頭をトントントンと叩くことで、増毛し、抜け毛予防になるというのです。それではげないのであればこれほど簡単なことはないですね。
しかしこれは意外と効果があると言われている方法です。頭をブラシなどで刺激することで、血行がよくなる、毛母細胞が活性化し髪の成長を促す、といった効果が期待できるのです。血行がよくなることで、頭皮に必要な栄養素や酸素が送り込まれるので、髪の成長につながるというわけです。
ただし注意しなければいけないのは、強く叩きすぎないこと。刺激を与えるのはいい効果になるのですが、頭皮を傷めてしまってははげの原因になってしまうからです。ブラシで叩くよりも効果的なのは、頭皮マッサージ。指の腹を使って頭皮をやわらかくし、血行をよくしましょう。

はげの人は帽子を被ってはいけない

帽子を被るのは紫外線対策になりますから、はげない方法としては正解と言えるでしょう。しかし、長時間被っていると皮脂や汗が過剰に分泌されます。そこに雑菌が繁殖し、毛穴を詰まらせてしまう危険性があるので、これははげの原因になります。
また、ヘルメットなどを長時間被っていると頭を圧迫し血行を悪くさせてしまうと考えられますね。それは頭皮へのダメージとなり、はげにつながってしまいます。帽子やヘルメットなどを被る際には、こまめに帽子やヘルメットを取り、汗をかかないようにしたり、頭皮マッサージをしたりして血行をよくするようにしましょう。
帽子などはオシャレで被っている人もいると思いますが、ずっと被っていると頭皮にダメージを与えはげを進行させてしまいます。通気性のよいものを選ぶようにしましょう。帽子やヘルメットをかぶった日はきちんとシャンプーをして汗や余分な皮脂を取り除き、清潔にすることが大事です。
はげにならない方法はさまざまありますが、根拠を理解して日常生活の中に取り入れていくことで、はげの進行を抑えることも不可能ではありませんね。





よく聞くはげない方法の効果はあるのか?について紹介するページです。はげでお悩みの方はまず、当サイトをご覧ください!はげの原因、治療法を分かり易くご紹介いたします。はげ治療の病院だけでなく、いつもの生活を改善するだけできる予防法なども紹介いたします。

△よく聞くはげない方法の効果はあるのか? PageTopへ


薄毛のお悩み相談所