朝シャンをするとはげるのは都市伝説?

Shampoo in the morning

はげのお悩み対策TOP>朝シャンをするとはげるのは都市伝説?

朝シャンにはデメリットが多い?

朝シャンをするとはげる、と言われているのをご存知でしょうか?頭皮は清潔にしないといけないし、夜かいた汗や皮脂を取り除く朝シャンは薄毛や抜け毛予防になるのでは?と思っている人も多いでしょう。朝シャンをすると気持ちがいいし、目が覚めるし、いいことだらけでは?なんて思っている人もいるでしょう。
ところが、それがそうでもなさそうなのです。朝シャンにはそういったメリットもあるのですがもっとさまざまで、はげに深刻なデメリットがあるのです。

朝シャンは必要な皮脂を取り除いてしまう

たいていの人が夜もお風呂に入り、髪を洗うでしょうから朝シャンをする人は1日2回の洗髪になりますね。それは汚れを落とすことで清潔さを保つということにおいてはいいことなのですが、余分な皮脂まで洗い流すことになってしまうのです。
皮脂は過剰に分泌されると毛穴に詰まり、雑菌が繁殖する原因となり、頭皮環境を悪化させはげにつながってしまいます。余分な皮脂は取り除かなくてはいけないものです。しかし、皮脂は必要なものでもあります。皮脂がなければ頭皮は乾燥してしまいます。皮脂を取りすぎると皮膚は皮脂を増やそうとします。それが過剰な分泌となってしまい、結果、はげにつながってしまうのです。

朝1回のシャンプーだったらいい?

皮脂を取りすぎなければよいのであれば、夜のシャンプーをやめて朝だけにすればいいのでは?と思う人もいるでしょう。しかし、朝シャンをすることにはデメリットがあるのです。
朝シャンプーをしてしまうと、外部からの刺激から頭皮を守ってくれる庇護膜という膜を取ってしまうことになるのです。夜シャンプーをする分には、寝ている間に庇護膜が再生されるのですが、朝だと再生の時間がありません。庇護膜が作られないまま外出すると、紫外線をはじめさまざまな刺激が頭皮にダメージを与えてしまうのです。
特に紫外線は頭皮や髪にとって非常に悪い影響を与えるもの。朝シャンはこの紫外線のダメージを受けやすくしてしまうのです。

忙しい時間の朝シャンはやっぱりNG?

朝シャンのデメリットとして、忙しい時間にシャンプーをしなければならないという点があります。朝は夜ほど余裕がない人が多いでしょう。そういった状態でシャンプーをすると、シャンプーが頭皮や毛穴に残ってしまうのです。すすぎ残しは雑菌のもと。頭皮への刺激にもなりますから、薄毛や抜け毛を進行させてしまいます。
さらに朝は毛穴が開いた状態なので、シャンプーが毛穴に入り込みやすく、きれいに洗い流すのも難しく、頭皮へのダメージとなりやすいのもデメリットとなります。
また、時間がないことで髪を半乾きの状態にしたままで出かけてしまう、ということにもなりかねません。髪を乾かさないということは、頭皮に雑菌が繁殖しやすく頭皮にダメージを与えるばかりか、嫌な臭いの原因にもなります。キューティクルも機能せず、髪が傷む原因ともなり得るのです。

どうしても朝シャンがやめられない場合は?

どんなに朝シャンははげに悪い、と分かっていても「あの爽快感がたまらない」という人は、朝は余裕を持ってシャンプーをするようにしましょう。頭皮や毛穴にシャンプーが残らないようにしっかりすすぎ、ドライヤーでしっかり乾かすことを忘れずに。
また、頭皮に刺激のないシャンプーや皮脂を取りすぎないシャンプーなどを選ぶといいですよ。それでも頭皮が乾燥したり、皮脂が過剰に分泌されてしまったりするのを避けることができない場合も。そんな時にはシャンプーを使わずに、お湯だけで洗う、という方法がお勧めです。お湯だけなら汗を流すこともできますし、毛穴にシャンプーが残ることも、皮脂を取りすぎることもないですね。





朝シャンをするとはげるのは都市伝説?について紹介するページです。はげでお悩みの方はまず、当サイトをご覧ください!はげの原因、治療法を分かり易くご紹介いたします。はげ治療の病院だけでなく、いつもの生活を改善するだけできる予防法なども紹介いたします。

△朝シャンをするとはげるのは都市伝説? PageTopへ


薄毛のお悩み相談所