【情報】はげのタイプは遺伝するのか?

Information

はげのお悩み対策TOP>【情報】はげのタイプは遺伝するのか?

はげと遺伝の関係

はげは遺伝するという話を聞いたことがある人は多いと思いますが、これは間違ってはいませんが、しかしながら正しい表現ではありません。正確には「はげやすい体質は遺伝する」と表現した方が良いでしょう。はげの原因は様々であり、遺伝が原因であるケースも多いですが、それと同時に生活習慣が原因となっているケースも多いです。そのため、たとえ遺伝によってはげにくい体質が受けつがれているとしてもはげる可能性はありますし、その逆に、はげやすい体質が遺伝していたとしても生活習慣次第でははげないことも多いにあり得るのです。現在の医療技術をもってすれば、薬を服用するだけという簡単な方法ではげを治療することも可能ですが、治療には時間がかかってしまったり治療費が嵩んでしまったりと様々な弊害もありますので、はげないように予防や対策をしていくことが必要となります。健全な生活習慣は体の健康を守るだけでなく、髪の毛を守るためにも必要なのです。

日本人に起こりやすいはげのタイプ

日本人に多いのが、O字はげ(つむじはげ)とM字はげ、U字はげの3種類です。O字はげは頭頂部から薄毛化が始まっていくケースで、前髪の生え際に向けて進行していきます。M字はげはこめかみの生え際から薄毛化が始まるはげを指し、こちらはO字はげとは逆に生え際が後退していくように薄毛化が進行していきます。U字はげはうなじから後頭部にかけて生えている髪を残して、頭頂部や前頭部がはげている状態を指します。O字はげでもM字はげでも、進行していけば最終的にU字はげに達するという認識で良いでしょう。

はげのタイプと原因

これら3種類のはげは原因も異なっています。O字はげの場合には、どちらかと言えば生活習慣と関係しているケースが多く、食生活が偏っていたり睡眠時間が確保されていなかったり、洗い方がずさんだったり、頭皮環境が悪い状態の場合に起こりやすいという特徴があります。これに対してM字はげの場合はAGA(男性型脱毛症)であるケースが多く、不摂生をしていなくても勝手に薄毛化が進行していってしまうことが多いです。したがって、O字はげは遺伝である可能性が低く、M字はげは逆に遺伝である可能性が高いと言えるのです。
しかし、一概に全てがこのパターンに当てはまるというわけでもありません。O字はげの原因がAGAにあることも当然ながらありますし、不摂生を続けることでM字はげが進行していくケースもあるのです。あくまで可能性の高さだけを考えた上で、それぞれの遺伝性を述べているだけですので、その点には充分に注意してください。

はげやすい体質とは

遺伝することになるはげやすい体質とは、どのような体のことを言うのでしょうか。
毛髪が抜け落ちる原因は、悪玉化した男性ホルモンにあることが分かっています。悪玉男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)は毛髪を作る組織に対して、活動停止の指令を出してしまい、これによって薄毛化が進行してしまうのです。悪玉男性ホルモンは男性ホルモンと5αリダクターゼという成分が結びつくことによって作られることになりますが、はげやすい体質の人は、普通の人とは異なってこの2者が結び付きやすい体内環境になってしまっています。
一般に皮膚科や薄毛治療専門クリニック等で処方されることになるプロペシアという内服薬は、男性ホルモンと5αリダクターゼの結び付きを阻害する力を持っているため、薄毛治療に効果があるとされています。
しかしながら前にも述べたように、はげの原因の全てがこの体質によるものとは限りません。もしもこのような体質ならば、プロペシアを服用すれば勿論効果は得られますが、他に原因がある場合にはなかなか治療効果を得られないというケースもあります。薄毛の治療には、まずは何が原因となっているかを探る必要があるわけですね。





【情報】はげのタイプは遺伝するのか?について紹介するページです。はげでお悩みの方はまず、当サイトをご覧ください!はげの原因、治療法を分かり易くご紹介いたします。はげ治療の病院だけでなく、いつもの生活を改善するだけできる予防法なども紹介いたします。

△【情報】はげのタイプは遺伝するのか? PageTopへ


薄毛のお悩み相談所