頭頂部からはげる人の特長

Bald from parietal

はげのお悩み対策TOP>頭頂部からはげる人の特長

自分で確認しにくい箇所のはげ

「はげ」といえど、人によってはげ方が異なります。側面から症状が現われる人もいれば、生え際が徐々に後退する人もいます。その中でも比較的多い頭頂部のはげ。頭頂部なので普段は分かりにくいですが、お辞儀やかがんだ時に見えるため、精神的ストレスを感じている方も多い様です。さらには、自分で確認しにくい箇所なので、知らず知らずの内に症状が進行し、人にいわれて気づくということが殆どです。この自身で確認しにくいという点に関して言えば、他の脱毛症状よりもやっかいともいえるでしょう。

頭頂部がはげる原因

そもそも、なぜ頭頂部からはげるのか。この原因として、ストレスや生活習慣など他の症状と同じ理由が挙げられます。また、頭頂部のはげはAGA(男性型脱毛症)の方に多く見られます。AGAは男性ホルモンが起因となり発症するのですが、その中でもテストステロンというホルモンが多い方に発症が見られます。このことからホルモンと深く関わっているのことがわかります。はげに遺伝は関係ないと言われますが、AGAに関して言えば遺伝が深く関わっていると考えられているのです。親族に薄毛の方が多い場合、あなた自身も薄毛やAGA等を発症する可能性があるということです。

身体機能の低下は要注意

上述したとおり生活習慣等もAGAを発症する原因です。「不規則な生活を送っている」「睡眠時間が不足している」「食生活が偏っている」「ストレスを多く抱え込んでいる」。上記に当てはまる人は要注意です。また、喫煙やお酒をよく飲む人も注意しなければなりません。これらの生活を送っている人は身体機能が低下している恐れがあります。身体機能が低下すると、身体は自己防衛機能として内臓や筋肉などの機能を最優先に守ろうと働きます。身体自身は毛髪は内臓などに比べると重要度が低いと判断し、毛髪の機能が正常に働かなくなります。結果はげにつながるのです。

頭頂部のはげには頭皮状態が深く関わっている

また、頭頂部のはげに関しては頭皮の状態も大きく関わっているとされています。頭皮の状態が極端に悪い、頭皮への負荷が大きい方も頭頂部がはげてしまう可能性があるのです。頭皮の状態が悪い=皮脂が毛穴に詰まっている。頭皮への負担が大きい=帽子やヘルメットを長時間被って蒸れている状態です。では、帽子を被らなければいいのかというと、それもよくありません。日差しを直接あびることは、つまり紫外線を直接あびるということです。紫外線をあびることで肌はダメージを受けますので、日差しを過度に浴びている方も注意が必要です。

頭頂部のはげを防ぐには

頭頂部のはげを防ぐには、上述した事柄の反対のことを行えばいいのです。遺伝に関しては操作のしようがないですが、生活習慣などは改善できます。まず、規則正しい生活リズムを送ることです。ここで重要なのは昼間に活動して、夜間は睡眠をとるようにしてください。続いて睡眠ですが、1日の中で毛髪が成長する時間帯が22〜翌2時だといわれています。この間に睡眠をとることで、毛髪の成長を促すことができます。食事もなるべく栄養バランスを考えて摂取するといいでしょう。 そして毛髪を清潔に保つことが重要です。ここでシャンプーの話を少しだけ。シャンプーをする際にしっかりと皮脂をとることが重要ですが、皮脂を取りすぎるのも頭皮を傷つけてしまう原因となります。皮脂は保湿機能の役割を担っており、一定量は必要です。また、シャンプーするときに皮脂を取ろうと激しく洗うのも頭皮を傷つけてしまう可能性があるので、要注意です。シャンプーにはアルコール系や石鹸系などさまざまな種類があります。どれを選択するかは自由ですが、重要なのは皮脂を取りつつも頭皮を傷つけないということです。頭皮の状態は人間と同じで十人十色です。あなたにあった物を選ぶようにしてください。 仕事でヘルメットや帽子を被らざるを得ない方は、適度に汗を拭き、風通しをよくすることが大切です。また、紫外線を避けることも非常に大切です。





頭頂部からはげる人の特長について紹介するページです。はげでお悩みの方はまず、当サイトをご覧ください!はげの原因、治療法を分かり易くご紹介いたします。はげ治療の病院だけでなく、いつもの生活を改善するだけできる予防法なども紹介いたします。

△頭頂部からはげる人の特長 PageTopへ


薄毛のお悩み相談所