原因が遺伝は本当か?はげる人とはげない人

Heredity

はげのお悩み対策TOP>原因が遺伝は本当か?はげる人とはげない人

はげと遺伝

「自分の祖父ははげていないから、自分ははげない」、「うちの家系は代々はげているから自分もきっとはげる」というような会話は男性ならば誰でも一度は交わしたことがあるのではないでしょうか。遺伝によってはげる、という説が正しいと断定したような会話ですが、しかしこれに対して「はげと遺伝は本当に関係があるのか」という疑問を持った人も多いはずです。科学技術の発展に伴って、はげに対する研究も進められるようになり、最近になってはげと遺伝の関係性も明らかになってきました。

遺伝する可能性が高い

進められている研究では、はげは遺伝する可能性が高いことが分かってきています。しかし断定できるものではありません。簡単な例を挙げて考えてみましょう。はげの原因は様々ですが、生活習慣による要素も強いことが分かってきています。しかし、もしもはげの原因がこれ1つだった場合には、食生活も不規則で頭皮環境も清潔に保てないような、例えばホームレスの人は全員が全員はげてしまうということになります。ですが、ホームレスだからと言っても必ずしも全員はげているというわけではありません。それではなぜはげる人とはげない人がいるのでしょうか。答えは遺伝にあります。
そもそも人の髪の毛が抜け落ちてしまうのは、男性ホルモンの悪玉化に原因があることが分かっています。悪玉化した男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)は毛根などの毛を作る組織に対して、毛を作らせないような指示を出してしまいます。ジヒドロテストステロンは男性ホルモンと毛根部にて分泌されている5αリダクターゼという成分が結びつくことによって悪玉化してしまいます。つまり、はげやすい人とは両者の結び付きが起こりやすい人であり、その逆にはげにくい人は男性ホルモンが悪玉化しにくい人と言えるのです。男性ホルモンの悪玉化がしやすいか否かは人によって異なり、つまりこの結び付きやすさが遺伝に左右されているのです。

悪玉男性ホルモン以外の原因

はげてしまう原因は悪玉男性ホルモンによるものであるとは限りません。食生活が乱れていることが原因になっていることもありますし、過度のストレスが原因となっていることもあります。または充分な睡眠時間が確保されていないことが原因になることもあります。男性ホルモンの悪玉化も確かに原因として考えられますが、その他にも上記のような不摂生をしている場合にはそれらが原因となってしまうケースもあるわけです。したがって、はげるか否か、その全てが遺伝によって決まるというわけではないのです。例えば男性ホルモンが人より少しだけ多く分泌されて、5αリダクターゼと結び付く可能性が高い人でもはげていない人もいますし、その逆に男性ホルモンの分泌量は人と比較すると少なめであり、悪玉化する可能性が低い人でもはげている人もいます。確かに遺伝や体質によって薄毛になるかどうかは左右されやすいものの、それ以前に普段の生活にも関係があるケースも多いです。

はげる人ははげる

結論としては、はげと遺伝は関係がありますが、それが全てというわけではありません。要するに、はげる人ははげるし、はげない人ははげません。遺伝によってはげやすい体質は受けつがれることはありますが、それが全てというわけではないのです。普段の生活習慣との結び付きという要素も大きいため、日常生活をどれだけ健全なものにできるかどうかがはげるかどうかの境目になります。親がはげていれば、男性ホルモンが悪玉化しやすい体質を受けついでいる可能性がありますので、確かにはげやすいかもしれませんが、普段の生活で予防をコツコツと行っていけば必ず防ぐことは可能です。





原因が遺伝は本当か?はげる人とはげない人について紹介するページです。はげでお悩みの方はまず、当サイトをご覧ください!はげの原因、治療法を分かり易くご紹介いたします。はげ治療の病院だけでなく、いつもの生活を改善するだけできる予防法なども紹介いたします。

△原因が遺伝は本当か?はげる人とはげない人 PageTopへ


薄毛のお悩み相談所