【髪型】はげてきた時こそ要注意!

Caution

はげのお悩み対策TOP>【髪型】はげてきた時こそ要注意!

はげと髪型の関係

最近の研究では、はげの原因はいくつもあることが分かってきています。ストレスが髪に影響を与えることも分かっていますし、生活習慣との関係や体質との関係も分かっています。中でも特に多いケースが生活習慣の悪化が原因となっているケースです。
その他にも髪型とはげにも関係性があることも分かっていますので、はげていない人でも日頃から気にかける必要があります。ワックスを使用している人、髪をしばっている人は要注意です。

牽引性脱毛症と膿皮症

牽引性脱毛症とは、髪が引っ張られることによって引き起こされる抜け毛のことを指します。普段から髪を縛っていると、引っ張られたままの状態で長時間過ごすことになりますので、牽引性脱毛症が発症する可能性があるのです。男性の場合は少ないですが、女性に多く見られる症状です。
膿皮症は皮膚の病気です。皮膚にブドウ球菌や連鎖球菌が溜まってしまうことによって炎症を起こし、かゆみや膿が出るといった症状が現れます。主に皮膚の不摂生が原因ですので、日々のシャンプーをしっかりと行うことが重要です。また、ヘアスプレーやワックスなどの整髪料が原因となるケースも多いので注意が必要です。整髪料に含まれる合成界面活性剤は頭皮に対して刺激を与える物質でもあり、この刺激を受けると皮脂が過剰に分泌することになります。取り除かれずに残された皮脂は、膿皮症の原因にもなっている細菌の温床になり、これによってかゆみや膿が出てくる、引いては正常な発毛へも悪影響を与えることになるのです。
これらの原因が考えられるからこそ、普段から整髪料を用いてオシャレを楽しんでいる方は要注意、というわけなのです。

はげの初期症状と治療

はげの治療は、多くのケースがはげた後に行われることになりますが、そこまで進行してしまった場合には治療に時間がかかってしまったり、費用もお高く付いてしまったりと、良いことは1つもありませんので、まずははげないように注意することが重要となります。
はげの初期症状として挙げられるのが、毎日の抜け毛の量や、ふけ、頭皮のかゆみとなります。人間の毛髪は、周期によって生え換わる仕組みになっており、健康な状態でも常に抜け毛はあります。問題は抜けることにあるのではなく、発毛にあります。健康な人の場合にはたとえ髪の毛が抜け落ちたとしても、その分生えてくるのですが、これに対し、はげの人は髪の毛が抜け落ちるばかりで発毛はされません。「抜け毛の量>新しく生える髪の量」となってしまうと、薄毛化が進行することになるのです。このようなはげ始めの兆候、サインには要注意です。
はげの治療法は原因によって変化します。食生活が乱れていることが原因ならば、食の改善を行う、睡眠時間が確保できていないのならば、充分な睡眠時間を用意する、頭部にかゆみが出るのならばしっかりとシャンプーをする、といった具合に治療は進められることになります。もしも、はげのサインが現れた場合には、まずは生活習慣の改善からしていくことをお勧めします。また、同時に髪型への配慮をすることも重要です。普段からワックスやヘアスプレーを使用している人の場合には、自分でも気付かない内に薄毛化が進行していることもありますので充分に注意してください。
はげてしまってから、治療を始めるとなると、元の健康な状態に戻るまでに時間を要することになるだけでなく、最悪のケースではどのような治療法を実践しても髪が戻ってこないこともありますので、自分の毛髪には常に目をやる必要があるのです。





【髪型】はげてきた時こそ要注意!について紹介するページです。はげでお悩みの方はまず、当サイトをご覧ください!はげの原因、治療法を分かり易くご紹介いたします。はげ治療の病院だけでなく、いつもの生活を改善するだけできる予防法なども紹介いたします。

△【髪型】はげてきた時こそ要注意! PageTopへ


薄毛のお悩み相談所