若はげの特長とは

Features of premature baldness

はげのお悩み対策TOP>若はげの特長とは

若年性脱毛症と壮年性脱毛症

一般にはげと呼ばれる薄毛化は、大きく分けて若年性脱毛症と壮年性脱毛症の2種類に大別することが可能です。それぞれの名前の通り、若年性脱毛症とは若い人の薄毛化のことを指しており、壮年性脱毛症もまた同様です。これまでは、はげは加齢と共に起こる仕方の無いことでしたが、最近では若い人までもがはげる可能性も出てきたことにより、問題視されるようになったのです。若年性脱毛症は特定の疾患として医学的に呼ばれているわけではなく、単に若い人がはげることをこう呼んでいるだけです。引き起こされる原因もそれぞれありますので、各々のケースによって治療方法も変わってくることになります。

若い人がはげる原因

10代後半から20代後半ではげている、いわゆる若はげと呼ばれる原因はかなり特定できますので、治療することも簡単です。若はげだからと卑屈になる必要はありません。すぐに治療を始めて、髪を取り戻しましょう。
若い人がはげる原因としては、主に生活習慣が悪いことが挙げられます。髪の毛は生活習慣と深い関わりを持っており、特に食生活と睡眠時間は大いに関係があります。肉中心の生活を送っている、または1日に3食、きっちりと食べていない、食事の時間が日によってバラバラ、といったような食生活を送っているとはげる原因になりますので注意してください。また睡眠時間についても、夜に寝て昼間起きるという基本的な生活習慣が整っているかどうかが重要となります。夜10時から深夜2時までの時間は成長ホルモンが最も分泌されることになる時間帯で、この間に睡眠を取っていないと髪の毛が成長しなくなってしまいます。若い人は体力も有り余っており、深夜まで起きていても次の日に影響を及ぼすことなく活動できるため、ついつい夜更かしをしてしまいがちです。また仕事柄昼夜逆転の生活を送らなければならない場合もありますが、こういった睡眠時間の不摂生も薄毛化の原因となり得ますので、注意して生活を送る必要があるのです。

体質が原因の場合も

若はげの原因は、睡眠時間や食生活等の基本的な生活習慣だけにあるとは限りません。人によってははげやすい体質の人もいますので、不摂生をしていないにも関わらず薄毛化が進行してしまっている場合にはこちらに原因があると考えて治療を進めていくことをお勧めします。

はげの原因の1つでもある男性ホルモンが悪玉化してジヒドロテストステロンという成分に変化してしまうと、これが毛根に対して毛を抜けさせるような指示を出してしまいます。人によっては男性ホルモンが悪玉化しやすい人もおり、これを体質による薄毛化と呼んでいるのです。ホルモンの量はそれほど関係が無く、人よりも男性ホルモンの分泌量が少し多い人でも悪玉化さえしなければはげることはありませんし、またその逆に男性ホルモンが少なくても悪玉化しやすい体質ならばはげることになります。

体質がはげの原因となっているケースの治療法としてお勧めなのが、フィナステリドによる治療です。AGA(男性型脱毛症)の治療に使用する薬で、フィナステリドという成分が男性ホルモンの悪玉化を防いでくれますので治療効果が得られるというわけです。この薬の注意しなければならない点は、服用してもすぐに効果を得られないという点にあります。最低でも3か月~半年程度の時間を要することになりますので、注意してください。また1日に1錠服用するのが基本ですが、1日に複数錠飲めば効果が強まるというわけでもありません。必ず服用方法を守るようにしましょう。また服用するタイミングも重要です。1日1錠を決まった時間に服用することで、より効率的に治療を進められますので、この点にも注意して服用したいところです。





若はげの特長とはについて紹介するページです。はげでお悩みの方はまず、当サイトをご覧ください!はげの原因、治療法を分かり易くご紹介いたします。はげ治療の病院だけでなく、いつもの生活を改善するだけできる予防法なども紹介いたします。

△若はげの特長とは PageTopへ


薄毛のお悩み相談所