M字はげの特長とは

Features of the M-shaped bald

はげのお悩み対策TOP>M字はげの特長とは

はげは治療できる時代

全男性が抱えている「はげてしまうかもしれない」という恐怖。その兆候こそが薄毛化、いわゆる抜け毛です。科学技術が進歩するにつれて、はげに関する研究も進められてきており、最新の研究では、はげは兆候が現れた段階からしっかりとケアをしていけば予防することが可能であると分かっています。普段の生活の中で常に毛量を気にしていれば、将来はげることはありません。また既に薄毛化が進んできている人でも、今から予防と治療をしていけば、きれいさっぱりと抜け落ちることはありませんので、落ち着いて治療を進めていくようにしましょう。

若い時期からの薄毛化

最近注目されているAGA(男性型脱毛症)は男性のみに発症の恐れがある抜け毛の病気です。はげと聞くと50代や60代になってから毛が抜け始めるというイメージがありますが、AGAの場合は20代や30代などの若い時期からも発症する可能性もありますので、若い人の中で抜け毛が気になる人はAGAを疑う必要があります。AGAの特徴としては、こめかみの生え際辺りから薄毛化が始まるという点が挙げられます。いわゆるM字はげの場合はAGAである可能性が高いので、治療を進めることをお勧めします。この他の特徴としては、頭頂部辺りから進行が始まるケース、O字はげも男性型脱毛症の可能性がありますので、これらの症状が出始めている場合にはAGAを疑って育毛方法も柔軟に変化させると良いでしょう。

M字はげの特徴

薄毛化が進む原因の全てはAGAにあるわけではありませんが、M字にはげていってしまうのはこれが原因である可能性が非常に高いです。男性型脱毛症は近年注目されており、メカニズムが解明されています。簡単に言えば、男性ホルモンが毛根部にある5αリダクターゼという成分と結び付くことで悪玉化、そして悪玉男性ホルモンが抜け毛の指令を出すことによって毛髪が抜け落ちてしまいます。額の生え際から徐々に後退していくタイプのはげ方をしている人の多くがこの経緯を辿って薄毛化が進行していくことになります。したがって、M字はげになっている人や、こめかみの上辺りの生え際から徐々に薄くなっていっている人は要注意なのです。しかし最近ではAGAを治療する薬も多く登場していますので心配はいりません。気付いた時には全てが抜け落ちてしまっていた、ということにならないためにも、早期の段階で治療を進めていくことをお勧めします。

AGAの治療法

男性型脱毛症は男性ならば誰でも起こり得る薄毛の病気です。M字はげやO字はげが進行してきている人はAGAの疑いがありますので、治療法もこれに合わせる必要があります。AGAの治療法は大別して、薬による治療と生活習慣改善と大きく2種類に分けられます。内服薬として効果が認められているのがフィナステリドやミノキシジルという成分です。AGAは男性ホルモンが悪玉化して、毛根に対して毛を抜くような指令を出すことによって引き起こされます。フィナステリドやミノキシジルは男性ホルモンの悪玉化を防ぐ成分ですので、これを服用すれば治療が可能となるわけです。しかし、注意しなければならない点もあります。それは、抜け毛の原因がAGAでなかった場合には効果が出ないという点です。前記の通り、M字はげの原因は全てがAGAによるものというわけではありません。過度のストレスが原因になっているケースや、生活習慣が悪く睡眠時間を充分に確保できていないというケースも考えられます。もしくは血行不良によって発毛が妨げられていることもありますので、一概にこの方法がM字はげに対して効果があるとは言い切れません。自分がAGAを発症しているかどうかは、皮膚科やはげ治療専門クリニック等で検査することによって分かりますので、フィナステリド等の薬に頼る前には、まず専門家の意見を聞いた方が良いでしょう。





M字はげの特長とはについて紹介するページです。はげでお悩みの方はまず、当サイトをご覧ください!はげの原因、治療法を分かり易くご紹介いたします。はげ治療の病院だけでなく、いつもの生活を改善するだけできる予防法なども紹介いたします。

△M字はげの特長とは PageTopへ


薄毛のお悩み相談所