若はげの対策

Countermeasure

はげのお悩み対策TOP>若はげの対策

若はげのセルフケア

若はげというのは、大変辛いことです。精神的にも大きなダメージを受ける人は多いようですし、ことAGA(男性型脱毛症)に至っては、若い男性の方が、進行も早く、知識の乏しい状態で戦わなくてはならず、苦戦を強いられているようです。
自分で行うセルフケアは、若者らしくインターネットや口コミ中心で、中には効果のあるものもありますが、ほとんどは玉石混交でどれを採用するかによってもその後の毛髪の行く末に不安を覚えます。若いからといって、間違えが許されるのは限られた範囲のみです。薄毛の治療やケアに関してはその後何十年といった人生を左右しかねないことですし、早期に正しいケアをすることはとても大切なことなのです。

間違った対策

若い頃の脱毛症や薄毛は、知識が少ないがゆえの対策の間違いという危険性によってさらに深刻な事態となる可能性があります。
間違った対策には、やってもやらなくても変わらない対策と、やればやるほど悪化させる対策の2種類があります。
後者はもちろんですが、前者も時間の無駄、手間やお金の無駄です。

・無駄な薄毛対策
育毛剤やサプリメントを薄毛対策に取り入れることは、基本的には間違ってはいません。しかし、効くかどうかわからないままに使うのは、大きな無駄につながります。クリニックや医師の診断の結果、これが必要ですと言われたら、安心して使い始められますし、効果が停滞した時も「今はこういう時期だから、我慢」と根気を保つことが出来るかもしれません。
しかし、あやふやな情報をもとにして買ったものや医師の処方のない海外のサプリメントを選択すると、効果がなければすぐに不安になりますし、続けることにすら不安を覚えます。もし効果があったとしても、それに気づかずにやめてしまうことさえあるとしたら、単なる無駄に終わってしまいます。

・やってはいけない薄毛対策
頭皮や人間の体は、総合的なバランスの上で成り立っています。それを無理やりなんとかしようとすると、対策どころか悪い影響すら与えかねないことを認識しておく必要があります。例えば、頭皮のマッサージは血行促進に良いことですが、無理やり強く押したり、頭皮をこすったりするとその周辺の血管や毛根を傷めることになります。
髪に良いと言われるワカメや海藻を摂取するのもいいことですが、偏った食事によって頭皮まで必要な栄養分を届けられないこともありますので、自身で情報を収集してセルフケアをするという事は若はげにはマイナスに繋がる可能性もあり、注意すべきです。

専門クリニックでの治療の効果

偏った知識による自己ケアは、時には薄毛の進行を早めることにさえもなります。正しい知識を得にくい若い世代の人達は、専門のクリニックできちんとしたケアを受けることも考えたほうが良いでしょう。

クリニックでは、育毛剤の処方から生活習慣のアドバイスなどもやってくれます。総合的に薄毛に関する知識も得られて、バランスの良い治療と安心があるため、一人で悪戦苦闘するよりもはるかに効果が出やすいです。
一時的な費用は確かに自己ケアよりもかかりますが、効くかどうかわからないものに費やすよりは、より確かな技術に頼るほうが、精神的にも安定して余計なストレスという薄毛の原因をひとつ減らせるという副産物も得る事が出来るのです。
もしも良くないケア方法を選んでいたとしたら、改善するのは早いに越したことはありません。脱毛症は運や努力では治らないものであるため、自分自身で高い意識を持って治療に取り組まなくてはならないのです。

さまざまあるはげの症状

人の顔がそれぞれ違うように「はげ」症状にも様々な種類があります。男性型脱毛症(AGA)や脂漏性脱毛症(皮脂の過剰分泌によるはげ)、瀰漫性脱毛症(頭全体がはげる症状)、円形脱毛症などがあり、それぞれの脱毛症だけでもはげ方によって細かく分けられます。また、発症する年齢によっても異なります。その中でも最近増えているのが若はげと呼ばれる20代や30代に見られる症状です。50代や60代などに見られる症状とは原因が異なり、ストレスによる発症が多いと言われています。

若はげの原因

若い年代での発症を若年性脱毛症と呼びます。これは特定の病名ではなく、若年期期に発症することから付けられた症状名です。若年期に発症する原因としては「ストレスによるもの」「男性ホルモンによるもの」「そのほかの疾患によるもの」の3つが挙げられます。
ストレスによる発症は、上述した通り、若年性脱毛症の中でも比較的多い原因となります。人間関係や会社でのストレスを起因として毛髪の機能を低下させてしまいます。
男性ホルモンによる発症は、男性ホルモンがアンドロゲンレセプターと結合することで発症するもので、いわゆるAGAがこれにあたります。
その他の疾患による発症は、甲状腺・自己免疫疾患などで、これらの症状として脱毛症状が現れます。

若はげを防止するには

若はげの防止対策として挙げられるのが生活習慣です。1日の生活リズムを整えるようにしましょう。昼間に活動して夜間は睡眠をとることが重要です。また、偏った食生活は避けてください。毛髪の栄養分はあなたの食事で決まります。そのためインスタント食品ばかりを食べていると毛髪に欠かせない栄養素が補われず、毛髪は衰退していくばかりです。また、脂質が大きすぎると、皮脂の分泌量に影響してきます。皮脂は頭皮の保湿という重要な役割を持っていますが、過剰に分泌されると毛穴につまってしまい、毛髪の成長を妨げてしまいます。食事はバランスよく摂取することが重要です。中でも亜鉛は毛髪に必須の栄養分です。しかし、亜鉛が豊富に含まれている食材は少ないため、適切な食材を選んで調理するようにするといいでしょう。毛髪に必要な栄養分だけを摂取しても意味がありません。身体機能を正常に保つことが重要なので、あくまでもバランスを考えてとるようにしてください。人間に必要な1日分の栄養素は非常に多いため、すべてを摂取することは難しいかと思います。そんな時はサプリメントに頼ってみるのも1つの手です。先ほど説明した亜鉛は牡蠣やレバーに多く含まれますが、これらの食材を毎日食べるのは経済的にも精神的にも負担がかかります。そこで亜鉛のサプリメントを活用するのもいいでしょう。ただし、亜鉛が毛髪の成長に必要な栄養分だからといって、過剰に摂取してはいけません。必要以上の栄養素は身体に毒ですので、適量の摂取を心がけてください。
また、日頃から運動を行うのも若はげ防止対策には大切です。運動にはストレスの発散と新陳代謝の上昇が期待できます。どちらも毛髪を正常に保つために重要です。ストレスははげの原因となるので、適度に発散することではげの防止につながります。新陳代謝の上昇は、老廃物を体外に排出すること、血行血流を良好にすることにつながるのです。ストレスの発散に関しては趣味に勤しみ、遊ぶことでもいいでしょう。ストレスは様々な病気の元になりますので、健康管理という意味でストレスの発散を行ってください。
毛髪のケアも欠かせません。洗髪はあなたに合ったシャンプーを使い、適切な方法で行うようにしてください。ワックスやジェルなどの使用も控える方がいいでしょう。

若はげになってしまったら

日頃から注意していたとしても若はげになってしまうこともあるでしょう。その時はいち早く専門の病院に相談してみるといいでしょう。専門医に診てもらうことで、あなたにあった治療法が見つかるかもしれません。





若はげの対策について紹介するページです。はげでお悩みの方はまず、当サイトをご覧ください!はげの原因、治療法を分かり易くご紹介いたします。はげ治療の病院だけでなく、いつもの生活を改善するだけできる予防法なども紹介いたします。

△若はげの対策 PageTopへ